2010年05月23日 18時04分

「RAILWAYS」 樽見鉄道 本巣駅Ⅱ

樽見鉄道本巣駅待合室の防犯カメラに
ツバメの巣がありました。
5羽の雛がこの写真に写っています。
本当に可愛いですね。
(5月18日撮影)

昭和の時代、田舎の民家では家の中に巣を作った
ツバメのために、一日中玄関を開け放しに
していることも稀ではありませんでした。
でも最近はあまり見かけなくなりました。

樽見鉄道は全線で34.5キロ、時間にして1時間強。
短いですが沿線の風景は、
里から山へと様々な表情を見せてくれます。
映画「RAILWAYS」は、
大型の商業施設『モレラ岐阜』にある
TOHOシネマズでも上映されます。
ご存知のように樽見鉄道『モレラ岐阜』駅の
すぐそばです。
この映画をご覧になる予定の方は、
樽見鉄道とセットでお越しください。
「乗り鉄」ついででも「撮り鉄」ついででも
構いません。

そして運転士を目指して研修中の竹村さん、
武藤さんを見かけたら是非エールを
送ってください。

また本巣駅に行かれたら
この雛たちにも「巣立ち」まであと少し
『頑張れ』と声をかけてください。

樽見鉄道 完。

2010年05月23日 8時00分

「RAILWAYS」 樽見鉄道本巣駅

「中部の駅百選」の最後は本巣駅。

国鉄時代は「美濃本巣」でした。
同様な例としては、国鉄時代の終点の
「美濃神海」も、樽見鉄道転換時に「神海」に
名前を変えています。
駅舎はいわゆる国鉄でよく見かけたパターンです。
でも駅の中は、JRの駅ではすっかり見かけなくなった
昭和の「鉄」には懐かしい木製の長椅子が並び
その昔「ステーションホテル」と称して
全国各地の駅でそこに横になり
一夜を明かした事を思い出しました。
(一見の価値あり。)

この本巣駅には樽見鉄道本社があり、
車両基地である機関区もここで、
正に樽見鉄道の心臓部です。

以前はここから住友セメント(後に住友大阪セメント)の
専用線があり、平成18年まで樽見鉄道を経由した
セメント輸送が行われ、
樽見鉄道では旅客を凌ぐ
大きな収入源となっていました。
(平成2~3年頃は年間で50万トン以上)

樽見鉄道の旅客数のピークは平成7年の104万人。
しかしその年の貨物輸送は33万トンまで減っており
営業係数は101と黒字にはならず
その後、貨物の減少に連動する形で
営業係数は悪化をたどっています。

貨物廃止後の平成20年は61万人強を運んで
営業係数は161。
それでも無策であった国鉄時代に比べれば
営業係数は半分以下で
過去を見渡せば黒字を計上した年も9回あるなど
樽見鉄道の努力には敬意を表します。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2010年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!