2010年05月25日 9時00分

「RAILWAYS」 一畑電車 デハニ53

もう一両のデハニ50形(53)は
この日、「雲州平田」の車庫にいました。

52と53は、外観は一見同じですが
52はリベットが目立ち
53はリベットが目立たないなど
微妙な違いがあるとのこと。
その辺りを私は楽しんできましたが
皆さんならどんな楽しみ方をされるのでしょうか?

私がこの地を最初に訪れたのは昭和51年8月28日。
当時『一畑電車』は『一畑電気鉄道』(一畑電鉄)と
言っていました。
その後最近のことですが
『一畑電気鉄道』が持株会社となり、
電車部門が『一畑電車』という社名になりました。
とはいうものの地元では相変わらず
『一畑電鉄』(もしくは“ばたでん”)で通じますし、
「鉄」の方との会話も『一畑電鉄』のままです。

また、車庫のある「雲州平田」駅は
昭和51年当時、「平田市」駅を名乗っており
当然ながら島根県平田市にありましたが
平成の大合併で「平田市」は「出雲市」の一部となったため
何と大正時代の“一畑軽便鉄道”開業時の
名前に戻っています。

たまには以前乗った線にも行って見るもんだと思いました。
何かと新しい発見があります。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2010年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!