2010年05月26日 18時11分

「RAILWAYS」 一畑電車 一畑口駅

一畑電車 「一畑口」駅。

元南海高野線用の21000系が
3000系と名前を変えて活躍しています。
この電車の車内灯やロールカーテンが
南海時代のままで変わっておらず
風情があって良かったです。
(私から皆さんへの個人的なお勧めです)

ここは、スイッチバック駅で電車の先に
2方向に向かうためのダブルクロッシングが見えます。

この方向の反対側は、昭和19年に廃止となった
『一畑』までの線路の名残りが見えます。

映画の話ですが
このスイッチバックが重要な役目を果たします。
(私にはそう思えます)
実は錦織監督は島根県出身の地元の人で
以前にも島根を舞台に映画を撮っています。
それだけに、単なる『鉄』の転職話しならば
どこかのローカル鉄道で描こうと思えば
描けたかも知れませんが、
ストーリーの端々に『一畑電車』だからこそ描けた
エピソードが入っています。

2010年05月26日 9時00分

「RAILWAYS」 一畑電車 川跡駅

写真は北松江線と大社線の分岐駅、「川跡」駅です。

ここではご存知の通り、松江しんじ湖温泉、電鉄出雲市、
それと出雲大社前の3方向からほぼ同時に集まり
そしてそれぞれの方向に向かって出発します。
なかなか良くできた離合集散です。

私は、出雲市を朝8:03の電車で出発し、
川跡乗り換えで
出雲大社前に向かったのですが、
こんな乗り方は私くらいと思っていたら
意外にも、出雲市から川跡乗換えで
出雲大社前に向かうお客さんが結構いて、
JR大社線廃止後のルートになっているようです。
(出雲市からならバスの方が便利かと思うのですが…)

ところで映画の撮影時には、
撮影用の車両を動かしており
そのために一畑電車では特別ダイヤを
組み立てたそうです。

1時間に片道1本ペースの鉄道とはいえ
これは大変な作業であろうと容易に察しがつきます。
多分、この川跡あたりが上り下りの電車が
錯綜するのでポイントだったのではと思っています。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2010年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!