2010年05月29日 9時00分

「RAILWAYS」 一畑電車 出雲大社前

映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」は本日公開です。
昨日の中日新聞の夕刊でも大きく取り上げられていました。

で、今日の話しは「出雲大社前」駅です。
平成8年に国の登録有形文化財に指定されました。

ところでこの駅からほど近いJR西日本の
『旧大社駅本屋』(登録名称)は国の重要文化財であり
両雄相並ぶといったところでしょうか。
※登録名称とは文化庁で登録された正式な名称のこと。

旧大社駅は大社線廃線後の今もそのままの姿で残っており
木造の荘厳なたたずまいは一見の価値あり。
一畑の出雲大社前から歩いて10分ほどです。

一方、『一畑電鉄出雲大社前駅舎』(登録名称)は
打って変わって洋風建築。
※登録当時の会社名は『一畑電鉄』でした。

この独特の外観は実に「モダン」と改めて思いました。
特に屋根は“セセッション”風というのだそうですが、
わくわくするデザインですね。
この駅の文化財の登録基準は
『国土の歴史的景観に寄与』している
『日本の近代建築』ということで
まさにピッタリです。
(情報は文化庁データベースを参照)
※ステンドグラスも美しいです。
 そういえば飯田線の天竜峡駅にも
 素敵なステンドグラスがあります。
 昭和初期の“はやり”だったんでしょうか?

『出雲大社前』駅、是非この駅舎にも注目してください。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2010年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!