2010年10月08日 9時00分

天橋立ケーブルカーのこと

天橋立ケーブルカーというか傘松ケーブルというか
正しい名称は丹後海陸交通の天橋立鋼索鉄道です。

で、天橋立ケーブルカーと言えばやはり天橋立も写りこんだ
ケーブルカーの写真はマストということで
この写真を撮りました。
多分、私が乗っていないこの黄色いケーブルカーの方に
乗っていればもっと天橋立がはっきり見えたと思われます。
残念。

乗ったのは平成18年9月24日、「府中」発12:15。
「傘松」までの0.4キロ、僅か4分間の出来事でした。
この日、この天橋立ケーブルカーで
『“鉄道業”としてのケーブルカー』を完乗。
これで「日本の鉄道完乗」と何とか言えるようになりました。

9月当初にUPした加悦鉄道の話しの中でも書きましたが
ここを訪れる本当の目的を曖昧にして
日本三景を出汁に乗ったケーブルカーではありました。

この日はケーブルカーからも天橋立が良く見え
終点の「傘松」ではお約束の『股のぞき』をし
なおかつ下に戻ってから「天橋立」そのものも
端から端まで歩きました。

目的さえ達成すれば後はこちらのモノ。
家族から見れば必要以上に“普通の観光客”を装っていると
思われたかも知れません。まあ許される範囲でしょう。

今回からしばらく、
ケーブルカーのことを中心にUPしようと思っていますが
日本のケーブルカーのある所は全て『観光地』と言っても
過言ではありません。

通常の「乗り鉄」時に比べ実際のところ
私自身、各地で『観光』もちゃんと(?)していたことを
あらかじめここに書いておきます。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2010年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!