2010年11月04日 23時15分

カンタス航空 エアバスA380。

先ほど、NHKのニュースで
カンタス航空(オーストラリア)の最新鋭機
エアバスA380がシンガポール・チャンギ空港離陸直後に
エンジントラブルを起こし、チャンギ空港に戻ったと
報じていました。
※写真は、オーストラリア・シドニー空港で
 たまたま撮影したカンタス航空のA380。
 ひょっとするとこの機体が事故を起こしたのかも
 しれません。
 撮影した時は、あまりの重厚感にただ圧倒されていました。

怪我人はいないとのことで最悪の事態は免れましたが
交通機関に事故は付き物で、絶滅は難しいようですが
特に航空機の事故は、鉄道・自動車に比べ
生命の危機に直結することが多く
本当にゼロになってほしいものです。

私は、自分の乗った飛行機が直接事故に遭遇したことは
ありませんが、機体故障が原因で、パリの空港で
24時間足止めとなった経験はありますし、
強風のため、名古屋空港で搭乗機が着陸を緊急で回避し
「タッチ・アンド・ゴー」をした経験があります。
また、取材でヘリコプター搭乗時に乱気流に巻き込まれ
パイロットの「駄目だ」と叫んだ声は今でも忘れません。

一方、鉄道では踏切事故に遭遇しています。
乗っていた電車が、急ブレーキをかけたと思ったら鈍い音がし、
踏切で車と衝突しました。
車の運転手の不注意が原因で死亡事故ではありませんでしたが、
折悪しく私の乗った車両(2両目)まで車の一部を
巻き込んでおり、その現場を目の前で見たものからすると
「電車が遅れて迷惑」レベルで受け止められるものでは
ありませんでした。
まして、こうした急ブレーキの経験は2度としたくありません。

事故は誰しも起きても構わないなどとは思ってはいないものの
それでも起きてしまいます。
少なくとも人為的な事故だけは完璧に防げる
方法はないものでしょうか?
A380の事故のニュースをみながら
そんなことを考えていました。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2010年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!