2010年11月04日 9時03分

余市のアップルパイは素朴な味。そして…。

余市の町はウィスキーやワインといったお酒だけではなく
リンゴの生産地としても知られています。
余市駅のホームでは地元の果樹園が作った
アップルパイの売店が臨時で出ており、
私も早速を1個買って車内で食べました。

ところで「SLニセコ号」の車内では
沿線の名物スイーツを車内販売しており
それにするか迷うところではありましたが
やはり「SL」と「旧型客車」の組み合わせに似合うのは、
『ホームの立ち売り』だよねとばかりに
この選択をしたのです。

そうそう、味は「美味しかった」です。
製造者が“果樹園”という、
それだけでもポイントが高くなってしまう私ですが
ケーキ屋さんのパイではなく、パン屋さんのパイでもなく
隣の“パイ作りが好きな”おばちゃん手製の
パイの味といったところでした。
アップルパイを食べながら私の「SLニセコ号」の旅は
まだまだ続きます。

『走行』しているというか、“そうこう”しているうちに
列車は然別駅を通過し、「山線」の「山線」たる区間に
入っていきました。
好天に恵まれ、紅葉も一段と美しく見えたこの日、
この辺りから撮り鉄さんたちが激増!!!!
C62が牽いていた「急行 ニセコ号」時代を
彷彿させる光景といっても過言ではありません。
銀山駅を通過するといよいよ「稲穂峠」越え。
ドラフト音からは既に限界まで力を振り絞っているC11の
喘ぎを感じ取ることが出来、
DE15の後押しがなければ満席の乗客を乗せて
稲穂トンネル直前で立ち往生するのではと思われるほどでした。
(ちょっと大袈裟でした。反省!)



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2010年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!