2010年11月05日 12時06分

ニセコ駅からは「ニセコアンヌプリ山」が目の前に!

平成22年10月30日12:13、予定通りニセコ駅で下車。
この日は本当に天気がよく、改札を抜けて振りむけば
そこには「ニセコアンヌプリ山」が!
また、「ニセコ駅」の白を基調とした駅舎に
木々の紅葉が美しく映えています。

さて、まずは腹ごしらえ。
ここからはあまりに“お約束”のコースで恐縮ですが
ニセコ駅構内の「茶房ヌプリ」(写真では向かって1階左側)の
“カレー”(735円)に舌鼓を打ちました。
※カレーを食べながら釧網本線北浜駅
 「喫茶 停車場」のオムライスを思い出していました。

この後13時少し前、ニセコ駅ホームに一旦戻り
13時10分過ぎに、11月1日に書いた通り、
「ニセコ駅前温泉 綺羅乃湯」(入館料500円)の
露天風呂で、2940D長万部行きの
ニセコ駅発時間14:07をのんびりと待っていました。
※「駅前温泉」というネーミングが一昔前風で
 昭和世代の心をくすぐりますが、近代的な温泉施設です。

(駅前広場の橙色の正体は?)
駅前の広場の地面に転がっている橙色の何かに
お気づきでしょうか?
今や、ニセコ駅(ニセコ町)の秋の風物詩だそうですが
これはUPで見ればその正体はすぐに分かるのですが
小さいもので直径30センチ位、
大きいものでは50センチを超えていそうな『カボチャ』です。
駅構内にある町の観光案内所で聞いたところ
地元の方が家畜の飼料用に育てているもので
10月一杯、駅前などに展示(?)されており、
その後、牛や馬等の餌になるそうです。
※カボチャには絵や落書きがあり、
 楽しい展示になっていました。
 なお、人間の食用には向かない品種だそうです。

こうして季節感を堪能しながらの「鉄」旅は
まだまだ続きます。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2010年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!