2010年11月14日 18時59分

北海道鉄道博物館に行って来ました。

10月30日(土)、31日(日)の2日間の
北海道「鉄」生活は、ある種「宝の山」状態でしたが
いよいよそのトリを飾る『北海道鉄道博物館』です。
※『宝の山』は、一寸(ちょっと)どころか
 相当に大袈裟な表現ですね。失礼。

ということで、函館駅前の「WAKO」6階に
今年の4月オープンしたばかりの
『北海道鉄道博物館』と、炭鉱トロッコ列車を紹介します。

この博物館は、鉄道ショップでは多分、日本最大手の
「カラマツトレインMEGA函館店」の中に
あるというのがその立地についての
おそらく正解な表現であろうと思います。

なお、名前は“北海道”とは謳っていますが
少々誇大であるという印象は、多分、
ここを訪問した全員が同じ感想を持つのでは?
但し、これは見ての“満足感”とは別物でして
その展示物は昭和が満載で、私は結構楽しめましたし、
入場券の500円は十分に価値があったと思っています。

小さいながらも“北海道”をテーマにした収集は
結構頑張った印象で、これからの更なる展示物の向上にも
期待が持てそうです。
でも笑っってしまったのは写真の博物館の入り口に鎮座まします
『利尻』のヘッドマークをつけたDEです。
(見えている部分が全てで、そこから先は何も無し!!)

このDEは一瞬、『DE10』かと思ったのですが
よく見ればナンバープレートの真ん中部分に何もなく
「DE1(空白)511」しか数字はありません。
で考えるにつけ、こういうナンバープレートの
形態になりうるのはDE15のラッセルとの連結器が
あったが故としか思えず、私はこのヘッド部分は
「DE15 1511」のものであるという
結論を導き出しました。
※博物館に確認を取っていませんので、正解どうかは不明。

『北海道』らしさを演出することを考えれば
雪国限定機関車のDE15の展示は納得できます。
(この機関車が「利尻」を牽いたかどうかは別にして…)

2010年11月14日 9時01分

函館市電「十字街」の表示灯。

写真は昨日UPしたトロリーコンタクターの話しの中で書いた
「進行方向を示す表示灯」がこれです。
※この表示灯の“正式名称”は何て言うのでしょうか?
 ご存知の方は教えてください。

この表示灯は、「函館駅前」方面から「谷地頭」
「函館どつく前」方面行きに乗車した場合、
「十字街」に到着する電車の停車位置の左側、
道路を挟んだ歩道上の電柱に取り付けられています。

『系統確認』と書かれたボードの右上の表示灯が
如何にも“左”折の雰囲気がありありですが
この表示が出ているときに電車のパンタグラフが
トロリーコンタクターを叩くと
ポイントが切り替わり、
電車は「谷地頭」方面に回っていくことになります。

参考までに右側の表示灯が何となく「直線」なのが
分かっていただけますでしょうか?
この表示灯がONとなれば「函館どつく前」方面に
進むことになります。

ただそれだけのことを何故今回書いたのか?

その理由は『系統確認』と書かれたボードの
右側には、上下2段に同じ表示があります。
ところが私が見ていたのが短い時間だったので
単に私の思い込みかも知れませんが
下段の2つの表示灯は点灯しませんでした。

このブログをお読みの方でこの辺りの事情に詳しい方、
是非、コメントへの書き込みをお願いします。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2010年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!