2010年11月15日 18時15分

DE15のラッセルヘッド。

(写真は、2010年「海底力モニター体験会」参加時に撮影)

写真のDE15のラッセルヘッドは、
今年の2月、「JR北海道釧路支社」と
「くしろ圏広域観光推進コンソーシアム」が共催した
『冬のSLと石炭のマチ・釧路』というツアーで、
JR北海道釧路運輸車両所を訪問時に撮影したものです。
このブログでは、このツアーの様子を2月下旬~3月上旬で
UPしたのですが、JR北海道釧路運輸車両所の話題は
UPしていません。
当時は、このブログを始めたばかりで
毎日どんな内容を書けばブログとして皆さんに
楽しんでもらえるのかと、もの凄く不安な日々を送っており、
そうこうしているうちにUPする機会を逸してしまいました。

話しを本題に戻し、改めての確認ですが
写真は「DE15 2510」のラッセルヘッドです。
その右端の真ん中より少し上に、グレーのカバーが
掛かった部分があるのを確認できますでしょうか?

ここにDE15機関車との連結器があり、
昨日・今日UPしている「DE1(空白)511」が
本当にDE15なら、その空白部分に連結器があって
機関車とラッセルヘッドが繋がれることになります。
※ご存知の方も多いと思いますが、DE15と
 そのラッセルヘッドの連結は一箇所だけではありません。

正直に白状しますと、私はラッセル等の除雪車両は
決して詳しくはなく、
釧路運輸車両所でこのラッセルヘッドを見ていなければ
「DE1(空白)511」が「DE15」とは思わず
『“変な”DE10』で終わっていたと思います。

2010年11月15日 9時00分

北海道鉄道博物館「DE1(空白)511」の裏側

「DE1(空白)511」の裏側という“タイトルは
何のひねりも無く、写真の通り、本当に裏側です。
そして昨日書いた通り、単なる鉄板1枚の表裏であり、
「だから何なのだ」とさえ言いたくなる世界です。

さて私・個人の問題ですが、少し変わった所に拘る性癖があり、
“表”側を見るのも好きですが
実はこうした“裏”側を見るのが大好きです。

まあ、普段見られないところを見るのは楽しいというか、
はたまた怖いもの見たさというか、
例えば鉄道会社の整備工場を見学に行ったりすると、
『興味津々』でピットに入って車両を下から眺めたりすれば
必要以上に写真を撮ったりしながら
『至福の時間』を過ごしています。
(まあ「鉄」ちゃんにありがちな行動とも言えますが…)

話しをDE1(?)の裏側に戻しますが
やはり普段、見ることはありませんし、
この状態は「解体」しない限り臨めません。

それにしてもあまりのシンプルさに少々驚いたというのが
本当のところで、考えてみればこれで当然なのですが
瞬間、そうした当然の思考が止まっていた自分が面白いと
自己分析をしてみました。

(追伸)他の展示物は、是非、ご自身でお確かめ下さい。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2010年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!