2010年11月16日 18時13分

炭鉱トロッコ列車の走行する再現坑道。

「炭鉱トロッコ列車」が走る距離は5~60メートルほどと
思われましたが、それを2周するのがここの流儀です。
●炭鉱トロッコ列車/乗車料金…500円。

この列車、最初の1周目は程よくゆっくり走ります。
暗い“坑道”の左右に再現・展示されている採掘所などは、
一周目にじっくり観察することをお勧めします。
※大型テーマパークのライドの造形物とまでは
 言いませんが、ちゃんと作っていると見受けられ
 “大人”の鑑賞に耐えます。

2周目は、“機関車”の性能の限界に挑戦するがごとく
全速力での走行となり、もの凄くスピード感がありましたが
自転車の普通の速さほども出ていたかどうかは疑問です。

ただ、カーブの半径が半端でなく小さく、その振られ具合は
例えるならジェットコースターの気分でした。
(一度乗れば決して大袈裟ではないと思ってもらえるはず)
台車にしっかりつかまっていないと危険なほどです。
(例によって筆が滑っています。大袈裟過ぎ!)

まあ、これで乗車料金と見合うかどうかと問われれば
1周目の所要時間は2分も掛かっていないだろうし
2周目に至っては1分程度でしょうから
「個人差」が大きいだろうという半端な結論しかありませんが
少なくとも私はこういうギミックは好きです。

リピーターになりますかと問われれば「???」ですが
1回なら「花○(はなまる)」の“お勧め”です。
但し、責任は取れません。悪しからず。

2010年11月16日 9時00分

北海道鉄道博物館の「炭鉱トロッコ列車」。

「ジャカジャン!」という効果音を思わず出したくなりました。

いよいよ「北海道鉄道博物館の…」というか
「カラマツトレインMEGA函館店の…」というかは別にして
今回の北海道の最大の目玉(?)と言っても良い
「炭鉱トロッコ列車」です。

行く前の予習として、「炭鉱トロッコ列車」について書かれた
HPやブログを見ていたら、『人力』でかつ
『お客も力仕事での参加』型とか書いてあり、
結構ビビッていたのですが、
実際には電気動力と思われる不思議な“機関車”が
牽引するものでした。

この“機関車”は、私の憶測では
「スズキ」の『セニアカー』の改造車。
※“運転士”さんの座席の後ろに「SUZUKI」の文字が
 あったのと、“機関車”全体の雰囲気から推理。

“機関車”の後ろが“人車”で、
一応4人乗りとされていましたが
私の実感では大人なら2人程度で満席。
なおかつ、心行くまで満足したい時は
一人で乗るのが一番と思いました。

なお、運転士さんは「カラマツトレイン」の店員さんです。
※出来れば演出効果を高めるため、坑内作業員の作業服とかで
 運転していただければもっとこの「炭鉱トロッコ」の
 雰囲気を楽しめたかも…。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2010年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!