2010年11月23日 18時50分

「リサイクルベンチ」に気付いていますか?

あまりにUPな写真で恐縮です。
これは名古屋市営地下鉄「八事日赤」駅のベンチに
貼られているシールです。
「このベンチは使用済みユリカをリサイクルして
作られています」と書いてあります。

今朝からのエコ繋がりなのですが
名古屋市営地下鉄では「紙製磁気式乗車券」は
トイレットペーパー等に100%リサイクルしていると
聞いていますし、「プラスティック製ユリカ」は
駅のベンチ等にリサイクルしています。

ところでこのベンチのシールですが、同様のものを
他の鉄道事業者で見かけたことはあったのですが、
例によって名古屋市の場合は
これまで気付いていなかったのかも知れませんが
それでも「八事日赤」のベンチのシールは
間違いなくこの1~2か月のことで
開業当初は無かったのでは?

2つの話しが混在しており分かりにくくて申し訳ありませんが
一つは、鉄道会社の「環境」への取り組みであり
もう一つは、人間の記憶の話しです。

名古屋市交通局が平成20年に出版した
「名古屋の地下鉄 メモリアル50」の70ページには
このシールが貼られたベンチが写っているので
当時から確かにシール付きあったのでしょう。

まあ見慣れた風景も、時にはリセットした気持ちで
眺めてみると新しい発見がありそうですね。

2010年11月23日 9時04分

名古屋市認定エコ事業所って?

私が時折、名鉄「桜」駅を利用していることは
以前このブログでも書いていますが、
使っているからこそ気が付かないこともあります。
この「名古屋市認定エコ事業所」のプレートもそれ。

ということで早速「名古屋市」と「名古屋鉄道」のHPを
見てみました。

『エコ事業所』の定義は、名古屋市のHPによれば
「環境に配慮した取り組みを自主的かつ、
積極的に実施している事業所」とあり、
名鉄のHPでは、この『エコ事業所』の認定を
平成19年6月に受けたと記載されていました。

名鉄「桜」駅の認定番号は、写真では分かりにくいですが
「00845」とあり、名古屋市で845番目の
「認定事業所」ということであると思われました。

因みに名鉄の認定事業所は名鉄のHPに、
●名古屋市内の全駅(37駅)
●名古屋市内のサービスセンター(3箇所)
●本社
●名鉄病院
とあり、とりあえず名古屋市内の名鉄駅に行けば
どこかにこのプレートが掲示されているはずです。

それにしてもこの「桜」駅の『エコ事業所』プレートは、
改札から入った真正面にあり、
よくぞ3年以上も気付かなかったものだと
自分に呆れ返っています。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2010年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!