2010年11月26日 18時11分

北陸鉄道から若桜鉄道へ。

会社の帰りがけに朝日新聞のネット版で見つけた記事の話しです。
※日本海新聞のネット版記事も参考にしております。

その記事とは、元北陸鉄道の『ED301』が、
縁あって鳥取県の若桜鉄道隼駅に保存されることになり、
昨日(11月25日)搬入作業が行われたというものです。

写真は、昭和50年8月22日、北陸鉄道石川総線・金名線に
乗りに行った際、新西金沢駅にて撮影したものです。
●右側の機関車が今回、譲渡されたED301。
 左側の機関車はED201。

このニュースを読んで、ついつい最近までED301が
現役だったのにはとても驚きました。
製造されたのが私の生まれた年、昭和29年とあり、
個人的には親近感もありますが、
その活躍ぶりを見たことは一度もありません。
この写真を撮影した時も、動いてる姿を見た訳ではありません。

今回の保存は、若桜鉄道「隼」駅周辺の地域活性化の活動をする
「若桜鉄道・隼駅を守る会」の呼びかけにより、
北陸鉄道から無償譲渡が受けられたので実現したとのことですが
若桜鉄道が定期的に行っている「SL体験運転」時に
「隼」駅に立ち寄るのも一興かと思いました。
※「隼」駅の駅舎とプラットホームは
 国の登録有形文化財(建造物)ですので、
 そちらもご堪能下さい。

また、そもそもこの保存話しの起点は、
「若桜鉄道が北陸鉄道から除雪車を購入したことによる」とも
書いてあり、まあ『ED301』が新天地で余生を送るにも
「仲間がいて良かったなあ」とも思いました。

これをきっかけに若桜鉄道を訪れる人が少しでも増えることを
願っています。

2010年11月26日 8時09分

シドニー路面電車博物館(2)動態保存

博物館に入ったところで、即、博物館の方に手招きされ
何も写真を撮る間もなくこの電車に乗せられました。

乗って直ぐに電車は出発。
折り返し地点には7分ほどで到着し、
ここでやっと写真を撮影しました。
到着すると直ぐに車掌さんが手前のトロリーポールを下ろし
反対側のトロリーポールを上げて出発の準備です。

さて落ち着いたところでやっと観察。

このトラムとは不釣合いなホームがありますが
この線はかっての鉄道線を使っているとのことで
ホームはその時代の名残だそうです。
このポイントの正式名は
「ROYAL NATIONAL PARK TRAM TERMINUS」と
この博物館の公式ガイドには書いてありました。

博物館からここまでは2.5キロ。
年代モノのトラムですので、考えようによっては
結構頑張ったスピードで走っており
その揺れと振動は、私にとっては堪らないもの。
●のっけから私のアドレナリンは全開。
 今風に言えば『ヤバイよ!ヤバイよ!』。

ところでこのトラムですが、
水曜日だったからいうことではなくどうやら不定期運行の様で、
入館者に応じて適宜走らせているみたいでした。

何せ私の英語力は、家族から
「どうして海外一人“鉄”が出来るのか理解不能」と
疑問符が付けられているほどで、
よって、これ以上の情報GETには限界があることを
ご容赦下さい。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2010年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!