2010年11月25日 18時08分

シドニー路面電車博物館(1)

シドニーで最初に向かったのは「シドニー路面電車博物館」です。
(「SYDNEY TRAMWAY MUSEUM」を上記の様に訳しています)

平成22年9月15日(水)、
シドニー・セントラル駅(以後「セントラル」駅と書きます)発
12:02の『Eastern Suburbs&Illawarra』線
「Waterfall」行きに乗り、「Loftus」駅に12:43着。
●「Loftus」は車内アナウンスでは“ロフタス”と
 聞こえました。
●「ロフタス」を通る列車は、昼間30分間隔です。
●この電車の運賃は往復でA$(オーストラリアドル)6。

この駅で下車すると進行方向左側、目の前に
この博物館がありますが、入り口は駅前ではなく
5分弱歩きました。

今回の写真は、博物館の全景っぽいものですが
何となくの“雰囲気”ということでご勘弁を。

入場料は大人1名A$15でしたので、
A$1=80円で計算して1200円ほどでした。
※トラム乗り放題付き。(←案内文の直訳です)

ところで何故この日に行ったかというと
この博物館の開館日が、日曜日と祝祭日及び水曜日となっており
私の日程ではこの日しか行くチャンスが無かったからです。
但し、水曜日の閉館時間が15:00と
日祝祭日に比べ2時間短いので、見きれるかが心配でしたが
ゆっくり堪能しても見学時間は2時間で大丈夫でした。
●土曜日にオープンしないというのは珍しい存在(?)。

2010年11月25日 9時00分

シドニーで海外鉄!

祝!!名古屋&シドニー姉妹都市提携30周年!
と言うことで行ってきましたオーストラリアはシドニーへ。

等と言うとまるで仕事か、仕事でなくとも
何か高邁な目的があって行ったみたいですが
決してそんなことはなく、
単に私の夏休みと家族の夏休みの時期が合わず
どこに行こうかなと思った時に
以前から『“シドニー”で体験したい「鉄」があった』
というのがシドニー行きを選択した本当の理由です。
●滞在したのは9月15日(水)~18(土)の4泊。

写真はシドニーの街の中心にあり360度の展望が
楽しめる「シドニータワー」から撮影したシドニー市街地です。
シドニーと言えば「オペラハウス」が有名ですが
このタワーからその姿はほんの一部しか見えず、
同じ“一部しか見えず”ならばということで
「シドニー(セントラル)」駅方面を写したものです。
高層ビル群の向こうに、実は少し見えているのですが
この写真で確認するのははっきり言って無理ですね。
(申し訳ありません)

今後の参考に言えば、望遠レンズがあれば
シドニータワーからシドニー駅周辺を走る電車は撮影可能です。
また、街の中を走る「メトロモノレール」もいい感じで
撮影できます。
なお、ガラス越しではありますが
少しの工夫でガラスの反射はかなり防げます。

さて、今日からしばらく『シドニー「鉄」』話しに
お付き合いください。

2010年11月24日 17時58分

“呑み鉄”なら『ハイボール』!

ここの所、地味な話題ですいません。
今日は、『ハイボールは“鉄”系飲み物だった』のでは?という
お話しです。
※写真は某居酒屋チェーン店での「角ハイボール」です。
 鉄仲間との懇親の席にて撮影。
 左側の2つのジョッキが「角ハイボール」で、
 右側は普通の「生中」です。

ハイボールと言えば、ここのところCMで見かけるようになり
ついに居酒屋さんメニューにも進出し、
もう何十年も「ウィスキーのソーダ割り」を
事あるごとに飲んできた私にとって
時代の様変わりに驚かされます。

昨年まで、「ハイボール」にありつくには
居酒屋さんなどのメニューには無いため
所謂『バー』などの洋酒の置いてある店に行くしかなく
大体1次会終了後の2次会でありついていました。

ここからは、ご存知の方は読まないで頂きたい位ですが
「ハイボール」の語源は幾つかあり、
1)ゴルフの「ハイ・ボール」説。
2)アメリカの鉄道の「ボール信号」説。
の2つがつとに有名です。
というか、私はそもそも2)の鉄道説しか知りませんでした。
※とあるバーのマスターに教えていただいた。

まあ「ハイ・ボール」説は忘れて、
私は「ボール信号」説でいつも「ハイボール」を
楽しんでいます。
銀座のバー「パノラマ」に行くと
様々な鉄道カクテルがあっていつも選択に困るほどですが
どこでも飲める「ハイボール」も“鉄”にとっては
楽しいのではないでしょうか?

ところで私のウィスキーの種類の選択ですが、
「バーボン」のソーダ割が好きです。

2010年11月24日 8時00分

桜通線の「電車接近表示器」。

写真は、今月頭に撮影した桜通線鶴里駅の
「電車接近表示器」です。
※今回、「接近表示器」と私は書いていますが
 その正式名称は何なのでしょう?

それはそれとして、これまでのものが、
手前の「接近表示器」で
いずれ後ろの「接近表示器」に切り替わります。

“切り替わります”と言ってもいつから使用されるなどの
インフォメーションがされていませんので
その内に変わるのだろうとは思っていますし、
遅くとも来年3月27日の「徳重」延長時には
切り替えとなるのでしょう。

新しい「接近表示機」は他線区同様、
出発時間が表示されるタイプであることが間違いなく
利用者にとっての利便性は高くなると思われます。

で、この新しい「接近表示機」ですがホームだけではなく、
鶴里駅では、改札口の外側にも付けられており
階段を下りてきて、自動券売機・改札方面を見やれば
否応無く「接近表示機」が目に入ります。

もしも出発直前なんかに乗車券を買っていると
一寸“気が急いて”精神衛生上あまり良くないかも
しれません。

同様の工事は、桜通線全駅で行われている模様で
『鉄』に方の興味はそそらないとは思いますが
日常の利用者には、結構大きなインパクトがあります。

2010年11月23日 18時50分

「リサイクルベンチ」に気付いていますか?

あまりにUPな写真で恐縮です。
これは名古屋市営地下鉄「八事日赤」駅のベンチに
貼られているシールです。
「このベンチは使用済みユリカをリサイクルして
作られています」と書いてあります。

今朝からのエコ繋がりなのですが
名古屋市営地下鉄では「紙製磁気式乗車券」は
トイレットペーパー等に100%リサイクルしていると
聞いていますし、「プラスティック製ユリカ」は
駅のベンチ等にリサイクルしています。

ところでこのベンチのシールですが、同様のものを
他の鉄道事業者で見かけたことはあったのですが、
例によって名古屋市の場合は
これまで気付いていなかったのかも知れませんが
それでも「八事日赤」のベンチのシールは
間違いなくこの1~2か月のことで
開業当初は無かったのでは?

2つの話しが混在しており分かりにくくて申し訳ありませんが
一つは、鉄道会社の「環境」への取り組みであり
もう一つは、人間の記憶の話しです。

名古屋市交通局が平成20年に出版した
「名古屋の地下鉄 メモリアル50」の70ページには
このシールが貼られたベンチが写っているので
当時から確かにシール付きあったのでしょう。

まあ見慣れた風景も、時にはリセットした気持ちで
眺めてみると新しい発見がありそうですね。

2010年11月23日 9時04分

名古屋市認定エコ事業所って?

私が時折、名鉄「桜」駅を利用していることは
以前このブログでも書いていますが、
使っているからこそ気が付かないこともあります。
この「名古屋市認定エコ事業所」のプレートもそれ。

ということで早速「名古屋市」と「名古屋鉄道」のHPを
見てみました。

『エコ事業所』の定義は、名古屋市のHPによれば
「環境に配慮した取り組みを自主的かつ、
積極的に実施している事業所」とあり、
名鉄のHPでは、この『エコ事業所』の認定を
平成19年6月に受けたと記載されていました。

名鉄「桜」駅の認定番号は、写真では分かりにくいですが
「00845」とあり、名古屋市で845番目の
「認定事業所」ということであると思われました。

因みに名鉄の認定事業所は名鉄のHPに、
●名古屋市内の全駅(37駅)
●名古屋市内のサービスセンター(3箇所)
●本社
●名鉄病院
とあり、とりあえず名古屋市内の名鉄駅に行けば
どこかにこのプレートが掲示されているはずです。

それにしてもこの「桜」駅の『エコ事業所』プレートは、
改札から入った真正面にあり、
よくぞ3年以上も気付かなかったものだと
自分に呆れ返っています。

2010年11月22日 18時07分

N700系キットカットを買いました。

先週の土曜日(11月20日)、
名古屋レール・アーカイブス(NRA)の
定例作業日に向かう際、名古屋駅のキヨスクで
発売されたばかりの『N700系キットカット』を買いました。
※NRAの事務所で撮影したので雑然としております。
 ご容赦下さい。
※作業をするNRA会員のおやつ用です。

ところでキットカットは以前から
「キットカット」≒「きっと勝つ」ということで
縁起が良いのだそうですが、
今回はそれにプラス「のぞみ」が“きっと”叶うということで
“縁起の良さ”がパワーアップとのことです。

それはそれとして、私・個人としましては
BOXの形状がとても気に入っています。
このフォルムは、絶対に「N700系」であり
「700系」ではありません。
こういうディテールの細やかさは大切な要素ですが
このBOXのメーカーさんはよく工夫されたと思っています。

次に中身ですが、まずキットカットの個包装は
一つの大袋に入っています。
この袋も新幹線の駅名が印刷されGOODですが
個包装にもちょっとした工夫がありますし、
『おまけ』のシールも歴代新幹線車両の写真があったりで
とことん新幹線を楽しめるようになっています。

今回の写真は外箱だけですが、
ここであまり“ネタばらし”しても何なのでこの程度にしました。

なお味は…、いつもの味です。

2010年11月22日 8時01分

覚えていますか?この缶コーヒーを。

平成10年頃、明治乳業から「鉄道浪漫COFFEE」という飲料が
発売されていたのを覚えていらっしゃいますか?

昨日、缶飲料のことを書いていて、
「自分も何か残していたなあ・・・」と思い出し、
「鉄」系購入品を未整理のまま保管している
“取りあえず入れておくBOX”(自称です)の中を
探してみたら一つだけ出てきました。

1缶に1個、缶コーヒーの下部に置いてある
鉄道コインがついていました。
●一体何種類のコインがあったかはわかりませんが
 写真のコインの表側には『185系』が刻印され、
 裏側にはその『185系』の説明文があった。

さらに缶にはこのコイン20枚をはめこめる
「鉄道浪漫オリジナルコレクタークロック」の応募券が
ついており、抽選で毎月50名の方に
プレゼントされていました。

てなところでこの「鉄道浪漫COFFEE」を検索したところ
コインはどうやら64種類あったようです。

ここまで書いていてさて困ったことが…。
どこで購入したかさっぱり覚えていないのです。
ただどこでも売っていたかというとそんな記憶もなく
一体、どういうことなのでしょうか?

何れにしろ私が持っているのはこの1本(この1枚)。
何せ、甘い缶コーヒーが大の苦手で
とてもコレクターになれる気がしなかったのです。
※そもそも私が日常的に口にする飲み物は緑茶か紅茶で
 家には“コーヒー”は存在しません。

(付け足し)
このコーヒーの賞味期限は、平成16年7月8日で
やはり到底飲めるものではないと思われます。
誤飲防止も含め、この缶自体を残すにしても
中身は処分しようと思っています。

記念缶ではありませんし、通常の商品ですが
ついつい“鉄”モノは見かけたら買ってしまう私でした。

2010年11月21日 19時15分

これが“鉄系”記念缶だ!

今回寄贈いただいた“記念缶”(だけではありませんが)を
整理作業中に並べてグループ写真を撮影しました。
※後ろに写っている方たちは、
 私と違って整理作業を続けています。

それでは“記念缶”の紹介です。
手前左側から、
1)北海道の鉄道130周年
  ※これは会の方が最近、買ってきてくれたものです。
   以下が今回の発掘品。
2)愛知の鉄道100年
3)谷川岳の源水 大清水
  ※分かりにくいですが、上越新幹線の図柄あり。
4)名鉄:パノラマDX

後列左側から
1)大清水 コーヒー
2)谷川岳の源水 大清水
3)鉄道井原線開業
4)祝 JR開業
5)会津鬼怒川線開通記念

最後列は
●智頭急行開業

以上となっています。
それぞれ何時頃生産・販売されたかは
皆さん方で推理してみて下さい。

と言う訳で、こういうお宝が出てくるのも
名古屋レール・アーカイブスの楽しみの一つです。
※会としての作業はもの凄く地味ですが…。

2010年11月21日 8時29分

国鉄がJRになったぞ!

私が所属しているNPO法人「名古屋レール・アーカイブス
(略称;NRA)」は、毎月第1・3土曜日に活動しています。
*会のことは、9月2日にUPした
 『「行楽と鉄道の風景」展』をご参照ください。

会では、会の趣旨にご賛同いただいた方達から
様々な書籍・資料・写真等の提供を受け、それを保管しており、
活動日にそれを直ぐに取り出せるよう整理をしています。
※図書館で、本を分類し、台帳に登録し、
 書棚に納める作業とお考えください。

取得手段は、宅配便で送って頂いたり
こちらから取りに伺ったり、まあ様々ですが
大抵は段ボール箱に入っています。

で、その箱を開ける瞬間は、まるで「玉手箱」を開ける気分。
※煙も出ませんし年齢を一気に重ねることもありませんが…。

さて、昨日メンバーが一番盛り上がったのは
ある方からの寄贈品。
勿論、箱の中身は全くわかっていません。
そして出てきたのが写真のコカコーラの缶。

「祝 開業 JR」の文字が読み取れますが
何と昭和62年(1987年)!!!の
国鉄からJRになった時の“記念缶”!!!!!
寄贈品は、やっぱり「玉手箱」。いや、思わぬ「宝箱」でした。

すかさず缶のそこにある消費期限を見てしまいましたが、
やはりその当時のモノでした。

23年前の「缶入りコカコーラ」を、
『今、飲んだら人体への影響はあるのだろうか?』とかを
“真剣”に議論したり(※勿論、冗談です)、
番組「芸能界鉄道研究会 鉄研」が復活したら
『中川家のお兄さん(※“鉄”なのは弟さんです)に
是非飲んでほしい』とか、
(※そんなことは間違っても許されません)
平均年齢??歳のいい大人たちが、勝手なことを次々口にして
妙に盛り上がりました。

驚いたのは私を含め「鉄歴」が30年越えの
メンバー全員がこの“記念缶”を知らなかったことです。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2010年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!