2011年02月23日 18時43分

キュランダ高原列車(4)長大編成を実感!

平成14年当時の冊子にあった地名の「クランダ」の記載ですが、
この列車の公式HP(日本語版)では「キュランダ」となっているので、
今はその冊子も「キュランダ」になっているかなと思いつつ…。

さて、列車は『バロンフォール』で観光停車します。
“フォール”というだけあり、
バロン「滝」の絶景を楽しむ“駅”なのですが、
写真は、『何両位の客車が繋がっているのか?』ということを
実感してもらうために掲載しました。

矢印のところの機関車からグネグネと客車が
多分、10両は繋がっていたのではないでしょうか?
※正確な編成両数を数えていませんでした。申し訳ありません。
この『バロンフォール』の周辺の緑が濃いことが見て取れますが、
既に列車は熱帯雨林の中を走っていたはず。
(記憶が怪しくてすいません。今一、確証が…)

“人生、山あり谷あり”とよく言いますが、
この鉄道は、山あり、谷あり、滝あり、熱帯雨林ありと
盛り沢山な内容となっており、
「ケアンズ駅」から暫くの間の平原も含めその景色は飽きることなく、
さすがに「ケアンズ観光」の目玉だけあると実感しました。

●客車もレトロで車内も雰囲気があってGOODです。
座席はボックスシートですが、山側に通路があり、
谷側(絶景サイド)に4+4の8人がけの配置で、
まるで、仕切りの無いコンパートメントみたいな感じでした。
もともとそういう座席配置なのか、それともこの列車用の配置なのかは
不明です。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2011年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!