2011年04月05日 18時03分

樽見鉄道「運転体験講習会」(8)2両の廃車体。

運転体験の際、自分の順番では無い時に、樽見に向って右側の側線に
留置されている2両を見ていました。

右の車両は「ハイモ230-312」、
左の車両が「ハイモ230-301」です。
「312」は今回の廃車ですが、「301」は2年前に廃車された車両です。

今回、この2両は『ミャンマー』に“部品”として売却され、
実は、この「運転体験講習会」の翌日、
3月14日にこの本巣駅から樽見方面に2駅の木知原に移され、
そこからトレーラーに積み込まれました。
ここ本巣駅ではトレーラーに積み込めないためそうしたそうですが、
そもそも積出港までそのまま“甲種輸送”的なことは
出来ないかも思ったのですが、
費用の問題やそもそもJRの線路を走らせる状況に無かったようです。

それにしてもこの2両、ミャンマーでは輸出の建前とは違い
“部品取り”ではなく、当然の事ながら“車両”として
使用されると聞いています。

「ハイモ230-301」は2年前から動いていないわけですから、
「大丈夫か?」という気はするのですが、
現地ではちゃんと修理しながら使い続けるようです。
ある種、考えようによっては“凄い”技術力です。

まあ、樽見鉄道の車両が生き永らえるのは、ある種嬉しい反面、
故障でもしたら、何か『日本の信頼』を無くしそうで
若干恐い面がある点は否めません。

ところでこの風景に出会えたのは、樽見鉄道が「運転体験講習会」に
合わせた訳ではなく、全くの偶然とのことでしたが、
私の「鉄」心に響いたのは間違いありません。ラッキーでした。

2011年04月05日 9時03分

樽見鉄道「運転体験講習会」(7)ここが終点です。

この写真で、左側の「十文字」のある場所が、
今回の「運転体験講習会」『モレラ号』停車位置です。
その停車位置の少し先右側で、立っている(安全確認をしている?)方は
同鉄道の田中社長で、私たちの運転を長い時間見ていました。
(ひょっとして見張っていた?)
さすが第1回目(本当は、1回目ではなく“プレ”体験会なのですが…)
だけありますね。

ところで、次回というか本当の第一回「運転体験講習会」は
5月3・4.5日となっています。
※次回の「運転体験講習会」は樽見鉄道のHP
ご確認下さい。

で、話しは“運転”に戻しますが、
今回は全参加者が初回ということで最高時速“15キロ”となっていましたが、
次回以降に誕生する2回目以上の参加者は
時速20キロまでの体験が出来るそうです。

参加者はここを1往復するのですが、さすがに全国の『運転体験』の中でも、
運転区間が長い(300メートル)利点を生かし、
往路は150メートル毎に2回、
一番難しいブレーキをかけることができるようになっており、
そして復路は300メートルを一気に駆け抜ける段取りになっていました。

運転して思ったのは300メートルあるならば、
出来れば時速30キロ程度は出せるのではという点ですが、
残念ながら『側線』には速度制限があり、それは25キロなのだそうです。
ただ『20キロ』にその速度を抑えているのは、
万が一にも25キロを超えないための対策だそうです。
残念というか止むを得ないということでしょう。

何れにしろ、その枠を超えない範囲でしか国土交通省の許可は
出ないのですから、私たちもそれに従うしかないようです。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2011年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!