2011年04月06日 18時09分

三陸鉄道社長からのメッセージ。

写真は、昭和59年9月2日、三陸鉄道南リアス線に乗車した時、
釜石駅で撮影したものです。

三陸鉄道は東日本大震災で大きな被害が出ており、
この南リアス線では、未だ復旧した区間はありません。
その三陸鉄道のHPで4月4日、
『三陸鉄道社長からのメッセージ「三陸鉄道の復旧に向けて」』が
出されました。

要約しますと、
『これまで不眠不休で「久慈~陸中野田」及び「宮古~小本」間までは
開通させたものの、自力復旧できるのは“ここまで”で、
残りは国などの支援がないとできない』という悲痛なものでした。
また、『全面復旧には莫大な経費と長い時間が必要』とありました。

三陸鉄道の被災状況の写真は「いすみ鉄道」
社長ブログ(3月28日更新分)にも出ているのですが、
筆舌に尽くし難いものがあり、三陸鉄道の社長のメッセージは、
その通りであろうという以外の言葉が見つかりません。
(被災状況は、Googleマップの航空写真でも確認できます)

それでも最後に
『三陸鉄道の復旧が三陸沿岸地域の明日への希望であることを信じています』
という力強いメッセージもありました。

ただでさえ厳しい地方交通の経営に更に追い討ちをかけた
今回の地震と津波です。
多少視点はずれるのかも知れませんが、
これまで「地方交通」は『地元主体で…』と、
国はその在り方から一歩引いたところで傍観してきたような感があり、
そんな中、以前、三陸鉄道は岩手県の強い意思で運営されていると
聞いたことがあります。

これは「地元の事」は「地元」でということで一見正しいように見えますが、
補助金等々も含め、国が“公共交通の在り方”について指針(方向性)を出し、
それに県(地方自治体)が呼応し進めるべきだと私は思っていました。
今回の大地震の交通機関の復旧はJR東日本に目が行きがちですが、
自力復旧に限界がある「三陸」・「ひたちなか海浜」等々の鉄道会社は、
最終的には『国が主体』となって再生する手段を考えるべきと思いますが、
皆さんは如何お考えになられるでしょうか?

まずは、生活を運ぶ鉄道としての復旧、
次のステップとして
『三陸の絶景をこの気動車から眺めることが出来る』日が、
一日も早く訪れてくれることを切に願っています。

2011年04月06日 9時00分

樽見鉄道「運転体験講習会」(9)「いつまでも走れ、未来へと…」。

写真の「ハイモ230-301」は2年前、
平成21年「ハイモ295-617」(三木鉄道からの譲渡車)の
デビューに合わせて置き換えで廃車されました。

(上段の写真)
車体にはNPO法人「樽見鉄道を守る会」の呼びかけで
沿線の子供達が描いた絵があり、全国のラッピング車両の中でも
その『ほのぼの』感は群を抜いていると思うのは私だけでしょうか?

真ん中には「いつまでも走れ、未来へと…」との文字が書かれていますが、
その想いとは別に、残念ながら樽見鉄道の『未来へと』は
なかなか繋がっていかないようです。

その分、ミャンマーで「いつまでも走れ、未来へと…」と
なってほしいのですが、この絵はミャンマーに付いた段階で
「ミャンマー国鉄色」に塗り直されるそうで、
どうせなら、日本の子供達の絵(言葉も含め)をつけたまま走らせた方が、
『国際交流の意味あいでも』良いのになあと思うのは私だけでしょうか?
もっとも輸出先がミャンマーと言うのが微妙ですが。

(下段の写真)
若干見にくいですが、名残の「大垣」~「神海」間の方向幕です。
現在、「神海」行きは存在しないので、今回は特別に出してもらいました。
こんなところも「運転体験講習会」ならではと言えます。

さてさて、「ハイモ230-312」&「ハイモ230-301」の
ミャンマーでの活躍を祈るばかりです。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2011年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!