2011年04月07日 18時30分

JR東海・東海道新幹線のサービス向上。

写真は、私が昨年の12月5日に「はやて」に乗車した際、
指定席券をクレジットカードで購入した際の利用票です。
乗車日付、列車名、区間の記載があることに注目してください。

本題です。3月29日のJR東海の社長会見で、
東海道新幹線のサービス向上の話しが出ていました。
要は、乗車券・指定席券紛失時の取り扱いの変更なのですが、
これまでとは以下が異なります。(要点のみ)

(これまで)
1)切符を紛失した時は、駅係員か車掌に申告。
2)同じ区間の切符を再購入。
3)その旨記載の「再購入券」を発行。
4)1年以内に切符が見つかれば、その切符と「再購入券」を
  持参すれば手数料を差し引いて払い戻し。

(東海道新幹線の今後)
1)切符を紛失した時は、駅係員か車掌に申告。
2)同じ区間の切符を再購入。「再購入券」を発行。
3)「申告用紙」に必要事項を書いて、JR東海へ送付。
  ※送料はJR東海負担。
4)JR東海が切符の使用状況を調査。
5)使用状況が確認できれば手数料を差し引いて払い戻し。

なおこれはクレジットカードで東海道新幹線区間の
「指定席・グリーン席」を購入した場合で、
手元にクレジットカードの利用票があり、
かつ新幹線の改札内・列車内で発覚した時だけの“例外規定”で、
現金での購入時は従来どおりです。
※改札を通った段階であれば、“使った”と看做せるのでしょうね。
改札前は、やはり自己責任でしょう。

クレジットカードの利用票には、写真のように乗車した列車等の情報が、
指定席番号を除いて全て記載されており、
購入及び乗車の証拠品としては成立しているとも言えます。
逆に、自由席では乗車列車が特定されないので除外されるのは
致し方ないでしょう。

切符を無くすと言うのは本人にとって最悪の事態なので、
本音としては利用票で改札を出してもらえれば有難いのですが、
切符を拾った人が万一にでも悪用する可能性
(使用前・使用後の払い戻し規定による)があるのならば、
これでも一歩進んだサービスと言えるのでしょうし、
今後是非、在来線にも適用されると有難いですね。

くどいですが、写真は『JR東日本』の列車の利用票ですので、
この措置は適用されません。
私は、東海道新幹線ではエクスプレスカードを使うので、
今回の『参考用』になる利用票がありません。ご了承下さい。

2011年04月07日 8時38分

桜通線のダイヤ改正異聞。

名古屋市営地下鉄桜通線のダイヤが改正され、
利用者の方はその時刻に慣れてきた頃でしょうか?

運転間隔は変わっていないのですが、
伏見・久屋大通・今池・新瑞橋の乗り換え時に、
今までダッシュで行かないと乗り換えられなかった電車に
少しゆとりが生まれたり、逆に乗り換えのために、
少し早目の電車に乗らないと間に合わなくなったりで、
私にとって、チャレンジングな日々が続いています。
流石に朝の桜通線⇒名城線は、乗る電車が決まっているので
タイミングが分かってきましたが、帰りの名城線⇒桜通線は、
乗る電車が一定しないので新瑞橋駅の発車時刻表とにらめっこしながら
乗り換えています。

実は、それほど“大問題”にはならないのかも知れませんが、
駅間の所要時間が少し長くなっていることにお気付きでしょうか?
例えば写真の新瑞橋駅掲出の所要時間の目安で言えば、
名古屋駅までは22分となっていますが、以前は20分でした。
また、名古屋~今池間は以前は10分だったのが11分になっていたりで、
距離にもよりますが、私の調べた限りでは最大2分伸びています。

察するに、可動式ホーム柵(ホームゲート)の設置対応で
若干所要時間が延びていると思われるのですが、
名古屋市交通局では1~2分のことだからなのか、
それともマイナス情報と考えて出さないようにしているのかは
分かりませんが、心理的にあまりよろしくありません

その分と言うと変ですが、これまでラッシュ時にあった1分程度の遅れは
全くと言っていいほど無くなりました。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2011年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!