2011年04月09日 18時00分

樽見鉄道「運転体験講習会」(13)今年が一番忙しかったロータリー車。

車庫内の見学も「運転体験講習会」の楽しみです。
この日(3月13日)は、初回(プレ?)と言うことで樽見鉄道の方が
総動員で対応されていたので実現したのかも知れませんが、
なかなか楽しいです。

この軌道モーターカーも、いつもなら通り過ぎるところですが、
今冬の大雪の際は、連日連夜、不眠不休で除雪にあたっていたと聞き、
写真を撮りました。
●職員の方も当然の事ながら、不眠不休だったそうです。
地方の足はこうして守られているのですね。

このモーターカー、年によっては稼動しないこともあるとのことでしたが、
やはり樽見鉄道には必要な存在なんですね。
因みにこのロータリーの反対側はラッセルになっています。

ところでこの車両『DB1』は、「新潟鉄工所」製で、
製造銘板には「ニイガタ 軌道モーターカー(ロータリー装置付き)」
とあり、形式は「MCR-4A」で、製造年は昭和59年。
製造番号は「4157」となっていました。

と、ここまで書いて、どうせこのブログにUPするなら
もっとちゃんと話しを聞いておけば良かったと反省しています。
仕事での取材の時は、「そんなに話しを聞いてどうするの?」と言う位、
メモをしていましたが、『趣味』は『趣味』と言うことで、
このモーターカーに興味のある方は、樽見鉄道を訪問された際に
お聞き下さい。(申し訳ない)

2011年04月09日 9時01分

樽見鉄道「運転体験講習会」(12)制輪子。

「運転体験講習会」では、鉄道の現場の方から様々な鉄道に関する
お話しを聞く機会があります。

この『制輪子』の話しもそうで、指導運転士さんと、
たまたまこの「モレラ号」のブレーキの効きの雑談をしていた時に、
いろいろ教えてもらいました。

上段写真は、「モレラ号」のブレーキ部分です。

ここ樽見鉄道の『制輪子』は“鋳鉄製”で、
昔からあるタイプなのだそうですが、ブレーキの効きもよく、
天候の変化にも対応し易いといった取り扱いのメリットと、
何よりも他の「レジン制輪子」等に比べ“安い”のが一番とのことでした。
ただデメリットとしては、磨耗が早く、短期間での交換が
必要なことだそうです。
(確か、一か月ももたないと聞いた)

そのため、車庫には下段写真のように、『鋳鉄制輪子』の在庫が
いつも多数用意してあります。
※この横には、交換した『鋳鉄制輪子』の残骸も一杯ありました。
いくら収集「鉄」でも、持ち帰りには困難な重さで
いくら家族に理解があっても、これだけは持ち帰りを
考えないほうが無難です。

今回は、もっと専門的な話しも出たのですが、
私にはチンプンカンプンなところもあって、この程度でご容赦下さい。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2011年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!