2011年04月10日 18時07分

樽見鉄道「運転体験講習会」(15)一枚の名札。

今回に全員に配布された、一人一人の名前入りオリジナル名札です。
初回はご覧の“銀縁”ですが2回目は“金縁”に昇格するそうです。
「運転体験講習会」の会費に含まれていると分かってはいるものの
何とも「鉄」心をくすぐるアイデアですね。これを付けて運転していると、
まるで“本物”の運転士気分です。

ところで中京テレビの「幸せの黄色い仔犬」という番組では、
この「運転体験講習会」を事前に取材しており、
“石塚英彦”さん、“misono”さんの2人が実際に「モレラ号」を
運転しています。
※3月26日の放送「石塚幸せ観光社~ in 岐阜・大垣」のコーナーで紹介。
その取材の際、2人とも初めての運転体験に大興奮だったそうですが、
形に残る“記念”ということでは、この『名札』に大受けだったそうです。

2人とも「鉄」ではないのですが、“ツボ”は同じなんですね。

(単一乾電池のこと)
「鉄」話しではないですが、量販店でやっと「単一乾電池」を
見かけるようになりました。(水もですが…)

実は、我が家では毎日必ず「単一乾電池」を使っている場所があります。
それはキッチンのコンロです。点火用なのですが、
いくら電気があり、ガスが来ていても「点火用電池」がなければ
ただの“大きな置物”でしかありません。
備えとしての「単一乾電池」2本は常に家にあるのですが、
もしもこの2本が無ければ何とも不安な日々でしょう。
まあ、被災地の状況に比べれば何とも贅沢な不安ですが…。
やはり、日頃の備えが大切と改めて感じています。

2011年04月10日 11時06分

樽見鉄道「運転体験講習会」(14)今年一番の出来事。

同じく、「運転体験講習会」の楽しみです。

丁度、「運転体験講習会」が終わった頃、新車『ハイモ330-701』が
車庫に戻ってきました。
少々気が早すぎますが。この気動車の導入は、
樽見鉄道にとって今年一番の出来事なのでは?
※大雪や今回の「運転体験講習会」のスタートなど、考えてみれば、
樽見鉄道では既にいろいろな出来事がありましたが
これを“一番”にすることは、皆さんにもご納得いただけると信じています。

「で、」などといい加減な繋ぎ方で恐縮ですが、
折角と言うことで撮影会が始まりました。
そうこうしている内に“どうせなら”と言うことで、樽見鉄道の方が、
『運行開始記念』のヘッドマークを取り出してきて、取り付けてくれました。
●こういったこともやはり「運転体験」ならではでしょう。

ところでこの『ハイモ330-701』ですが、
これまでの樽見鉄道の車両とは異なる点が幾つかあります。
1)窓が固定式となった。
2)エンジンがパワーアップ。
3)ブレーキ方式が変わった。
4)そのため緊急時を除き、他の車両と連結して営業運転ができない。
等などですが、樽見鉄道のHPを見ていたら上記のことは全て書いてあり、
すっかり二番煎じになってしまいました。

まあ今回は、樽見鉄道の基礎情報と言うことでご容赦を。

ところで車内は「新車」独特の香りがあります。それに酔いしれたい方は
お早めにご乗車下さい。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2011年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!