2011年04月12日 18時47分

鉄道模型の観点から。(名鉄パノラマ募金箱)

今日から、東京~仙台間が、新幹線と在来線の乗り継ぎで繋がりました。
鉄道復旧への大きな一歩と感じています。

さて、名鉄・名古屋乗務区の「パノラマ募金」の模型募金箱を
「鉄道模型」の観点から一寸考察。

この募金箱「デキ401+ホキ85+デキ402」は、
所謂『HOゲージ』や『Nゲージ』と言った、自走する“鉄道模型”の
範疇には入りませんが、私としてはこういう鉄道模型も“あり”と思いました。

この模型、作られたのは『運転士』さんで、それだけに様々な拘りがあり、
写真の通り、「デキ」の細部のデフォルメもとても上手く作られています。
特に、連結器や列車無線のアンテナなどはとてもいい感じです。

制作した運転士さんは、本人の申告によると「撮り鉄」「乗り鉄」系で、
「模型鉄」ではないそうです。でも「鉄」は「鉄」です。しかも本職。
この前まで書いていた私の「運転体験」は一体何なのでしょう…。

で、実際の制作は今年の1月から始めたそうで、大物・小物の部品は
全て牛乳パックをベースにしており、その上に、100円ショップで買った
色の付いた和紙を重ねたそうです。
※使用した牛乳パックは30箱。パンタグラフなどの細かいものも
全て牛乳パックとのこと。

なお、牛乳パックの難点は『加工しにくい』点だそうですが、
メインの素材を購入してまで作るのは、「24時間テレビ」の趣旨に
合わないとお考えになったのではと推察しています。

何はともあれ、ありそうで無かったような気がする
「紙パック」の『鉄道模型』。
これも種類が増えてくれば、“作品”を一同に会した「展示会」でも
開けそうです。
手作り感バリバリと言うか、市販することはまず考えられない模型ですが、
一般的な「鉄道模型」で車両を自作(もしくは大改造)し、走らせている方は結構いらっしゃいますが、この様な走らない鉄道模型も
楽しいものですね。

私なら、これをリビングのオブジェにしたいです。
但し、家族の了解は絶対に得られないでしょう。

(余談)
今回のこの模型で、『デキ』が今、「青色」と言うことに気付きました。
もう15年以上経っているのに、私の頭の中では「黒色」で
時代が止まっていました。

2011年04月12日 9時00分

名鉄・名古屋乗務区のパノラマ募金。

昨夕紹介した、名古屋鉄道名古屋乗務区の募金箱の構造を
少し、説明しましょう。

募金は、バラストを積むホッパー車「ホキ85」の上部、
普段(「本物では」という表現があたっているかも?)は、
バラストを積むところから、投入するようになっています。
それは下段の写真で確認できますね。

そこに募金を入れると、実は「ホキ85」の更に下にある、
募金の「格納部」に入るようになっています。
※上段の写真で言えば、橋桁の真ん中を通り過ぎて
更に下に落ちていくと思ってください。

イメージは、バラストは線路、ひいては「鉄道」を支えているモノなので、
「募金」は、「人の“心”を支えるモノ」になると言った所でしょうか?

ところで、何でこんな仕掛けを作ったのかを名古屋乗務区の方に
聞いたところ、実は、『夜間の募金(現金)の保管』を
考えてのことだそうで、
実際の募金が入る部分(箱)は“牛乳パック”の再利用品が1つ。
その“パック”だけを鍵付き保管庫にしまうようにしているそうです。
昨年までは、例えば『7700』の時も、車体が募金箱のため
保管場所のスペースを取り過ぎていたので、
その反省からこの方式を考えたそうです。

同じ募金をするなら、鉄道会社らしい『募金箱』を作ろうということで
この模型募金箱が始まり、今年で3回目と聞きました。
また「パノラマ募金」の名称もついています。
毎年「24時間テレビ」の募金会場では、
こうした手作りの募金箱を時折見かけます。
手間暇がかかっているだけに募金者の皆様の愛情を感じています。
そうした方たちも含め、毎年の募金に参加して下さっている
全ての方に感謝です。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2011年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!