2011年04月13日 18時01分

「指宿のたまて箱号」(1)鹿児島中央駅入線。

3月24日(木)、『さくら543号』で11時27分に
「鹿児島中央駅」着いた私は、新幹線ホームで撮影した後、
11時40分過ぎに、3番線ホームにやってきました。

次に目指すは、「特急 指宿のたまて箱3号」です。
11:52発の3071Dは、
3072D「特急 指宿のたまて箱2号」の折り返しで、
定刻の11:45に到着しました。

何と、普通列車並みの7分しか折り返し時間がありません。
因みに、この「指宿のたまて箱号」は、指宿での折り返し時間も短く、
●「1号」の指宿着10:46、「2号」の指宿発10:53
●「2号」の鹿児島中央着11:45、「3号」の鹿児島中央発11:52
●「3号」の指宿着12:43、「4号」の指宿発12:52
●「4号」の鹿児島中央着13:46、「5号」の鹿児島中央発14:01
●「5号」の指宿着14:58、「6号」の指宿発15:06
となっており、最大でも15分です。

わずか1時間弱の区間とは言え、1編成で、日中に3往復させているので、
止むを得ないとはいえ、なかなかのハードスケジュールです。

2両編成で、定員が60名というコンパクトさゆえに出来る芸当でしょうが、
乗ってきた方が下車し、車内整備をしている間にUPの写真を撮影し、
指宿方面への乗客が乗り終わった後に列車の全容を撮影したら、
それだけで時間切れでした。
※乗降が終わらないと、この列車の周りから人が引かない。
もしもそれを気にせず撮影したとして、人だかりの向こうにしか列車が
見えない状況でした。

2011年04月13日 8時08分

「模型貯金箱」の楽しみ方。(名鉄・パノラマ募金)

「模型貯金箱」の話しはこれで最後にしますが、
“車両”ではなく“ジオラマ”部分の楽しみ方です。

この「模型貯金箱」は、
1)ホキ
2)デキ
3)ジオラマ部分
の順番で作ったそうですが、そもそもデキを作った段階で
「橋」をかけようと考え、それも勾配をつけることし、
最終的に『完成』に至ったそうです。

で、このジオラマを見ていると、左側が上がっているのがわかります。
そこで、勾配標も、写真の通り、
1)左側から右方向に進む場合…下り20パーミル。
2)右側から左方向に進む場合…上り35パーミル。
こんな感じになっています。
●記憶間違いでなければ、名鉄名古屋駅の山王方の勾配が
35パーミルだったと思う。そこは、多分、“計算”されているはず。

この模型募金箱は、名古屋鉄道名古屋乗務区の中にあり
一般の方の目に触れることはありません。
今年の「24時間テレビ」のどこかの会場で見ることは可能ですが…。
ちょっと勿体ない気もしています。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2011年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!