2011年04月15日 18時52分

「指宿のたまて箱号」(5)サツマパープル。

私が座っていた2号車10番A席です。(左側の写真)
目の前の窓は、戸袋窓+幅の狭い窓ですが、実は乗車日の3月24日、
名古屋駅で新幹線乗車直前に購入したという事情があり、
まずは、海側の席が取れただけラッキーでした。
(乗ってビックリ、ほぼ満席だったため)

ところでこの日、鹿児島中央駅で“黒豚系”の駅弁を買い込んで
「いぶたま」に乗るつもりだったのですが、
写真を撮影している間に、買う時間がなくなり、
結局そのまま乗りこんでしまいました。
実は、駅弁を買う時間が無くなることは想定内で、
家で使用済みのペットボトルに水を入れ、
シリアル・お菓子・バナナ等々を手当たり次第にバッグに入れて来ており、
それを昼食にしたのですが、隣の方の駅弁が大変美味しそうでした。

でも、それではあまりにも味気ないので、車内販売で調達したのが
右側の写真の一本の瓶。

「サツマパープル(SATSUMA PURPLE)」といい
『さつま芋+麦芽+ホップ』で作られた発泡酒です。
“パープル”という位で、紫芋を使っているそうで、
鹿児島県枕崎市の「薩摩酒造」で作られている『地ビール』ならぬ
『地発泡酒』。

車内で飲むにはGOODでした。

因みに紙コップはもらわず、“ラッパ飲み”。
少々下品な印象ですが、その方が南国の風景にフィットし、
雰囲気を楽しめるのではと思い実行しました。
他の乗客の中にも同様の方がいらっしゃり、思わず意を強くした次第です。

2011年04月15日 8時09分

「指宿のたまて箱号」(4)塗り分けはここまでやっている。

「いぶたま」は、『キハ47/9079』+『キハ47/8060』の
2連です。

渡り板(という名称で良いのかな?)も綺麗に塗り分けられ、
その真ん中にある蝶番(ちょうつがい、ヒンジの方が分かりやすいかも)も、
一つの部品がチャンと“白”と“黒”になっています。
まあ、車両全体から見れば多少のズレは、
誤差の範囲とも言えるのでしょうが、決してそんな手抜きはしていません。
やはり、「いぶたま」の『顔』の一部だからこそ
このような“手間”をかけているのでしょう。
もっともここで手を抜いたら、大袈裟かもしれませんが
JR九州の『会社』としての姿勢が問われるでしょうが…。

また私としても「ここまでやっているんだ!!」と思ったからこそ
写真を撮り、そしてここに書いている訳です。

また、白い塗装部分の文字は“黒色”で、黒い塗装部分の文字は
“金色”となっており、これは「いぶたま」仕様と言っていいでしょう。

ついでに、どうでもいい話しをもう一つ。
この写真を見ただけで、どちらが「指宿」側の車両かが
分かってしまうのも面白い!と思いました。
(「白」が海側、「黒」が山側のため)

やはり私は「鉄」なのでしょうか?



ADVERTISEMENT

カレンダー

2011年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!