2011年04月19日 8時03分

「JR最南端の駅・西大山」(2)「開聞岳」と「日本最南端」と「私」。

5333Dは、定刻の13:36に「西大山」到着。
10人ほどの乗客が下車しました。といっても地元の人は一人もおらず
全員がここ「西大山」目当ての観光客でした。

で、下車して直ぐ、記念写真をパチリ。
私以外の方たちも順番にここで写真を撮影しました。
たまたまなのかどうかは分かりませんが、地元の方と思しき方が一人、
この駅で「解説(観光案内」と観光客の写真撮影を引き受けていました。
私は「写真を撮りましょうか?」と声をかけられたので、
「よろしくお願いします」とカメラを渡しました。

ところで『日本最南端の駅』の碑ですが、
一番上の「JR」の文字が取って付けた感じで、
平成15年にこの碑を作り直したのではなく、
“JR”を書き足したのでしょう。(多分)

それにしても驚いたのは、「車」や「自転車」(東京の大学の
自転車競技部の学生。例外かな?)でここを訪れる方が結構いたこと。
列車が来るかたよりはるかに多いのは間違いないです。

確かに、指宿周辺を紹介したガイドブックや地元で配布している
観光マップにもちゃんと記載されており、因みに、写真はUPしませんが、
指宿市が作った「JR日本最南端の駅 西大山」なるパンフレットもあり、
その中には「西大山駅周辺の観光スポット」なるページもあり、
如何にこの駅が指宿観光の目玉商品なのかが伺われます。

また、列車の場合、ここを通過することはともかく、
下車して“堪能”することには、時間的に相当な困難が伴い、
車を利用した観光客が多いのは頷けます。
もう一つ言えば、この景色も『勝因』なのでしょうか?
なお、鉄道でここを訪れる方は、決して「鉄」が多数派ではありません。
この事実は、果たして意外なのか意外でないのか?私には判断が付きません。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2011年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!