2011年04月20日 18時21分

鹿児島交通の思い出(1)いざ目指すは枕崎。

「西大山」に初めて降り立った話しのついでです。

昭和49年8月1日、この日私は鹿児島県の薩摩半島を鹿児島交通
枕崎線~国鉄指宿枕崎線の順路で一周しました。

7月30日、名古屋を16:30発403M急行「比叡2号」で出発。
京都発19:56の203レ急行「天草」(京都発熊本行)に乗り継ぎ
小倉着6:54(7月30日)で九州入り。
筑肥線、豊肥本線等に乗って7月31日、
門司港発21:40の101レ急行「かいもん5号」
(門司港発西鹿児島行)で伊集院着5:29。

ここで写真の鹿児島交通の乗車券を購入し、
始発の伊集院発5:40に乗車し、枕崎を目指しました。

当時、日本交通公社の時刻表では「鹿児島交通」とはあったものの
線名の『枕崎線』の表記はありませんでした。
この「枕崎線」の線名は、昭和57年度運輸省鉄道監督局監修
「民鉄要覧」にも記載のあるとおり、正式には「枕崎線」なのですが、
地元も含め一般的には「南薩線」で通っていたと記憶しております。
●今回、参考にさせていただいた『ネコパブリッシング』の
RM LIBRARY108・109も「鹿児島交通南薩線」となっています。
●実は、私もてっきり「南薩線」が正式な線名と思っていたのですが、
昭和57年度の「民鉄要覧」を見てビックリしました。

まあ部分開業した大正3年から、全通後の昭和39年まで
「南薩鉄道」だったことからの流れでしょうし、
敢えて「枕崎線」と言っても、地元でも知らない人が多いでしょうから
私の心の“線名”はやはり『南薩線』です。
※鹿児島交通南薩線は、昭和59年3月17日に廃線となった。

2011年04月20日 8時00分

「JR最南端の駅・西大山」(4)「開聞岳」と「日本最南端」と「キハ」。

「西大山」の春の典型的な写真がこれ!
開聞岳と菜の花とキハの組み合わせです。
前々回の写真との違いは、主役が「人」か「キハ」かの違いです。

まあ、前回の「JR日本最南端の駅到着証明書」とも殆ど同じ構図なのは
ご愛嬌ということで・・・。

ところで開聞岳は、標高924メートルとそんなに高い山ではありませんが、
山容が美しく『薩摩富士』と称されています。日本全国に『○○富士』と
呼ばれる山は数々ありますが、その中でも開聞岳の美しさは、
一つ突き抜けている感じです。

で、写真は私が折り返しで乗車した
5330D「西大山」発14:17の「鹿児島中央」行きです。
※5330D…「山川」から1346D。
5333Dから下車した乗客の殆どの方がこの列車に乗られました。
実は、5333D~5330Dの組み合わせは、
早朝・夜間を除いた時間帯に、JRで鹿児島方面から
「西大山」へ行こうとした場合に、一番効率の良いパターンなのです。
(唯一の選択肢かも…)
「西大山」での滞在時間“41分”も適度な長さですね。

ところで、この写真を撮影するために、私は列車の到着の5分前から
待ち構えていたのですが、この写真を撮り終えて後ろを振り返ってビックリ!
「鉄」ではない一般の観光客の方も含め、ホームにいたほぼ全員が
カメラを構えていました。
知らなかったこととは言え、少し申し訳なく思いました。
何故なら誰も撮影する雰囲気が無かったので、
自分の撮りたい場所に立っていたものの、
多分、同じ場所で撮影したかった人もいたのでは…。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2011年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!