2011年04月25日 18時52分

鹿児島市電(4)「郡元」停留所は一大ジャンクション。

「郡元」停留所にやってきました。
鹿児島市電2大ジャンクションの一つで、位置関係では、
画面手前が「鹿児島中央駅前」方面で、
左側が「交通局前」~「鹿児島駅前」方面。
写真では、右側に分岐する線路も見えていますが、
そちらへ向かうと今、私がやってきた「谷山」方面となっています。
※JR九州「指宿枕崎線」の「郡元駅」とは
 どれくらい離れているのでしょうか?
 かってこんな事は考えたことも無かったのですが…。

右側の電車は「2111号」で、左側の電車が「9515号」です。
何れも2系統「郡元」~「鹿児島駅前」間の電車です。
この「郡元」での2系統の折り返しは、
「交通局前」方面にある停留所が始終着となっているため、
このような写真がタイミング次第ですが撮れます。
以前は、「谷山」から「西鹿児島駅前(現・鹿児島中央駅前)」方面を
結ぶ電車があったため、右側の分岐線も日常的に使われていました。
と言ってもそれは私の知る“昔”の「鹿児島市電」の時代の更に
“昔”の話しです。

ついでの話し。
「2111号」の右側にある小さな2階建ての小屋のような建物の存在です。
一応、覚えておいてください。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2011年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!