2011年04月25日 9時08分

鹿児島市電(3)谷山線を行く!!!

写真は、上段・下段とも『谷山線』の専用区間です。
上段が今回撮影のモノで、下段が昭和53年の撮影。
行き違っているのは、今はなき「606号」です。

まずは、昨日書いた『9501号』のコントローラーに注目。
ハンドル部分にはお約束の“カバー”も掛かっており、
私にとって路面電車は『こうじゃなきゃ』の典型ですね。

話しは下段写真に移り、鹿児島市電のHPによれば、
先回の「605号」とこの「606号」は、空気バネ台車とのことで、
さぞかし乗り心地が良かったであろうと察しています。
昭和35年製造ですので、結構画期的なことだったのではないでしょうか?

ところで「谷山」停留所に掲出の『時刻表』では、
「谷山」を起点とする1系統「鹿児島駅前」行きの午後3時台は6分間隔で、
上段写真で私の乗っている電車は15:50頃に出発したのですが、
その時間に該当する電車はありませんでした。
(・・・15:48、15:52・・・)
実感としては6分間隔よりも短い間隔で走っている印象もありましたが、
本当の所は如何だったのでしょうか?

さて、この専用区間、電車は快適に飛ばしていきます。
気分は欧米のLRTでしょうか?
路面電車の併用軌道区間の最高時速40キロよりは感覚的には
もう少し出ているような気がしましたが、
多分、併用軌道区間では最高時速を出すことがあまりないため、
40キロの連続走行でもスピード感を感じたのでしょう・・・。
でも、他都市の路面電車の専用線区間よりは早いと感じています。
(軌道の状況も良いと思いましたが、如何でしょう?)



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2011年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!