2011年05月03日 18時15分

熊本電鉄(2)昭和53年の「上熊本駅」と「121号」。

昭和53年1月29日、鹿児島市電に乗りに行く前に熊本電鉄と
熊本市電に乗りました。
写真は、その時の「上熊本駅」です。

電車(121号)の止まっているところは多分、現在と同じでしょうが、
左側の貨車が止まっているところは駐車場に変わっています。
※その頃、きっとまだ貨物輸送があったんでしょうね。
熊本電鉄のHPでは、昭和54年に国鉄貨車直通運転取扱廃止とありました。

ところでこの「121号」ですが、「Wikipedia」によれば、
元国鉄クハ6000形でしかも南武鉄道(現・南武線)から
国鉄への引継車とのこと。
自家用車を買い替えた後、自分がそれまで乗っていた車が
中古車として所有者を点々とすることは、
中古車販売業が成立していることからも当然の事ですが、
現時点での所有者が誰であるかとかまして
『スクラップ(廃車)』になった等という情報は通常ありません。
それが鉄道車両の場合は、製造から廃車までの履歴は、
趣味誌や単行本等の書籍、更にインターネットで検索すれば、
まず探し出せない車両は殆どないのでは無いでしょうか?
(簡単に探せないことも多いですが…)

製造数の違いがあまりにも桁違いですし、
鉄道と自動車を比較したところでそもそも意味はないのでしょうが、
1点だけ。それは『鉄道趣味』が鉄道の登場から現時点、
そして未来をもウォッチする「歴史」趣味でもあることが
その“要因”なのではと個人的に思っています。
ということでこの「121号」、熊電には昭和31年に来て昭和60年廃車と
なっています。

一方、駅舎でいえば、建物こそ木造から今の・・・、
今の建物を表現する上手い言葉が見つからないので、
そこはパスして、何れにしろ駅そのものの奥行きが現在と
さほど変わっていないところが面白いですね。

考えてみれば、大きな駅や話題性のある駅を除き、
小駅の「駅舎」の歴史はあまり文献等で見かけないような気がします。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2011年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!