2011年05月06日 8時26分

熊本電鉄(5)「北熊本駅」名物“離合集散”新旧比較。

熊本電鉄「北熊本駅」名物、電車の離合集散“新旧対比”です。
ここのポイントは、跨線橋ではなく、線路を横断しての乗換!

そういえばこのような風景、どこかで見たことが…。
そうっ、昨年の5月26日にUPした一畑電車の「川跡駅」ですね。

「松江しんじ湖温泉」「電鉄出雲市」「出雲大社前」から
集まってくる電車が、ここ「北熊本駅」では
「藤崎宮前」「御代志」「上熊本」となります。

余計な話しが長くなりました。
ご覧の通り、上段写真が“平成23年”で、下段写真が“昭和53年”です。
停車中の電車を除けば、この30年余り、ここでは時間が止まっています。
もっとも、左側2線の電車が、単行から2両連結に
グレードアップしています。

平成のラインナップは、「藤崎宮」行き⇒「6221」、
「御代志」行き⇒「6111」、「上熊本」行き⇒「5102」。

昭和では、「藤崎宮」行き⇒「103号」、「菊池」行き⇒「102号」、
「北熊本」行き⇒「121号」。

こうやって見ていると、下の写真が“平成”ですと言っても
通用しそうな感じですね。

等と言うことはさておき、こうした乗客の目から見て平面的な
“離合集散”は、以前は国鉄でも私鉄でも分岐駅では見られた光景です。
名鉄で言えば広見線と廃線となった八百津線の分岐駅である
現・明智駅(以前は伏見口駅)でも見られました。
最近は、安全上の理由から跨線橋が整備され、“地方”でも
あまり見かけません。
さて、いつまでこうした光景を見られるのでしょう?
もっとも単なるノスタルジーで済む話ではありませんが・・・。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2011年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!