2011年05月11日 9時03分

熊本電鉄(15)今は無き、旧「静岡鉄道」車と現役の旧「南海」車。

上段写真は、昭和53年1月29日、「藤崎宮駅」停車中の
旧静岡鉄道100形(熊本電鉄では500形)で、
手前の電車が「502」であることはこの写真で確認できましたので
「502+501」の組み合わせです。奥の500形の番号は不明です。
廃車となったため今は存在しない電車です。

下段写真は、平成23年3月25日、「北熊本駅」というか
「北熊本車庫」の留置線で休む旧南海高野線22000形
(熊本電鉄では200形)で、手前が「201」で2両目が「202」です。

何故今回この写真を2枚UPしているかというと、
『パッと見』この2種類の車両が同じに見えたのです。
これは車両全体の印象であって、よく見なくても普通、
その違いは分かるはずなのですが、何せ、私は思い込みが激しくて…。
というか、熊本電鉄に南海の22000が入ったことを
単に私が知らなかっただけ(鉄道趣味誌には出ていたのでしょうが…)
なのですが、今回「北熊本駅」の側線でこの200形を見た時、
一瞬、『旧・静鉄車両』を塗り直したのかと勘違いしていました。

500形は古くなってきたとは言え、予備車なら“あり得る”と思ったのが
その理由です。
それでも、500形と思い込んでいた200形の写真を撮りながら、
「あれ?製造会社が東急車輛だ・・・」辺りから気がつき始め、
正面の貫通路に気付いたところで「南海???」と『正気』に戻った次第です。
本当に情けない話しです。

今回は、「車両」にあまり食指が動かない『乗り鉄』の
戯言(たわごと)ということでお許し下さい。
でも、「全体の柔らかいフォルムの第一印象が似ている」とは
未だに思っています。
とは言うものの、あまりの低レベルに自己嫌悪に陥っています。
まあ、たまには自ら“無知”を晒す正直者ということで。。。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2011年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!