2011年05月16日 18時00分

熊本市電(5)「健軍町」電停にて。

昭和53年の「健軍町」です。
電車は左が今は無き「1053号」で、右側が今も現役の「1207号」です。
この「1207号」は後ほど奇跡の再会となります。

当時の『2系統』(今の“A系統”)は、今と同様、頻繁に運転されており、
平日7時~19時は“5~6分間隔”、
日祝の同時間帯で“6~7分間隔”となっていました。
なお、当時は今の『土曜ダイヤ』は存在しておらず、それも当然で、
『週休2日制』は昭和が50年代に入っても普及途上で、
「土曜」は「平日」であり、今の時代とは隔世の感があります。

一方、『3系統』(今の“B系統”)の「健軍町」発は昼間で
1時間に2~3本しかなく、今の1時間に5本程度とは大違いで、
ひょっとすると「交通局前」折り返しが結構あったのではなかったかと、
これを書きながら思っていますが確証はありません・・・。
※ただ折り返しがなければ、「上熊本駅前」~「辛島町」間は不便すぎる。

ところで運賃についても一言。当時は今の150円均一運賃ではなく、
整理券乗車による区間制運賃でした。運賃は『対キロ』となっており、
整理券の番号は“1~16”までとなっていました。
また、最低運賃が80円なのは分かっているのですが最高運賃がいくらなのかは
手元資料では不明です。
※平成19年の「全線150円均一運賃」実施直前の区間制運賃については、
HPで検索すれば出てくるのですが、流石にこのころの運賃は
捜しきれませんでした。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2011年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!