2011年05月16日 9時05分

熊本市電(4)撮影の定番、「熊本城」と「熊本市電」。

今回、熊本市電を訪問したのは3月25日で、「桜」の時期には少し早く、
この写真の“狙い”の“意図”だけご理解下さい。

要は「熊本市電」の“撮り鉄”の定番構図として、
私なりに「コンデジ」で挑戦した一枚です。
写っている電車は先回と同じ「9704号」(パト電車・ゆっぴー号)です。
撮影順としては、まずはこの写真を「通町筋」電停の
「熊本城・市役所前」側で撮影し、
「9704号」が「通町筋」電停で乗降扱いする間に一寸移動。
そして同じ「通町筋」電停の「水道町」寄りのところで
先回の写真を撮影した次第です。
先回の写真は撮ろうとは思っていなかったのですが、
「0800型」が近づいて来るのが見えたので、
日陰は承知で「超低床車」の2ショットを撮影しました。

何れも劣らぬ「撮影時期」も「撮影時間」も「天候」も何も気にしない
“乗り鉄”ならでは写真と言えますが、もしも皆様が
「熊本市電」に乗ったり、撮影されたりするときの参考になれば幸いです。

もう少し「水道町」寄りでも先の2ショットは撮影できますが、
「通町筋」「水道町」は、熊本市の一番の繁華街に位置し、
電車の乗降客も極めて多く、また道路の交通量も多いので、
この界隈の撮影時には、そうした写り込みにご注意下さい。

等と言いつつ、実は昭和53年には、「通町筋」で
乗降していないこともあり、この「熊本城」と「市電」という
写真はありません。自分で言うのも何ですが、『流石、乗り鉄』。
「もう、くどい」と言われそうですが、この写真は、一度乗っている
路線ゆえの“ゆとりの産物”と言えます。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2011年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!