2011年05月18日 18時12分

熊本市電(9)再訪を期して。

この写真は、平成23年3月25日、熊本を去る直前、
「熊本交通センター」から撮影したものです。
昭和の時代からは、その街並みや走っている車が変わっているのでしょうが、
変わっていないのは「吊架線」のある風景位でしょう。
最近は『センターポール方式』が“景観”のみならず“防災上”の観点も含めて
進められていますが、その利点は数多(あまた)あるものの、
私の様な年配者からすれば、この写真の様な風景の方が“馴染がある”と
言えそうです。

ただ一方で、この車道の幅での『センターポール』化は
難しいのだろうとも思い、逆にこの風景(車道は1車線)こそが
“市電”を都市路面交通の主役から追いやったとも言えます。

ところで…。
昭和から変わらないのは「吊架線」のある風景と書きましたが、
実はもう一つ変わっていないことがあります。
それは『ほっかほっか亭』ラッピングの「1203号」です。
今回UPした昭和の「熊本市電」の中に、この「1203号」が
写っていました。
もっとも変わっているといえばラッピングが変わっており、
当時は『SONY』でした。
正解は先回の「上熊本駅前」停車中の電車で、その写真サイズでは
「1203号」と確認することは出来ないと思われ、
私はほとんど「いじわるばあさん」状態です。
※「いじわるばあさん」をご存じない方は検索してください。
(ますますもって「いじわるばあさん」)

とまあ、「熊本市電」の最終回が何とも締まらない結末になってしまいました。
要は、この“電車の走る風景”がいつまでも続くような町であれば、
その町は交通弱者に優しい素敵な土地と言う事で…、ご容赦を。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2011年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!