2011年05月28日 23時40分

長崎への道(1)シーサイドライナー色が「諫早駅」到着。

平成23年3月25日、諫早発17:20の長崎行き247Dです。

この列車は佐世保始発で、シーサイドライナー色ですが
快速「シ-サイドライナー」ではありません。
この列車の長崎着は18:03で、急ぐ旅ならこの列車の後にでる
2031M特急「かもめ31号」の方が早く着くのですが、
急ぐこともないので、“のんびり”行くことにしました。
ところで、2031Mの諫早発は17:32で長崎着は17:51と
なっていますが、247Dは、途中駅で2031Mを待避しません。

それもこの247Dを選んだ理由なのですが、要は247Dは
通称「長与(ながよ)」廻りで、2031Mが「現川(うつつがわ)」廻りと
いうのが大袈裟に言えばその“トリック”の答えで、247Dが大回りを
している間に、2031Mが結果として早着するわけです。

ただ、そもそも私が最初に長崎本線の乗車した昭和46年3月25日には
「現川」廻りはまだ存在していませんでした。
その「現川」廻り(昭和47年10月2日開業)には昭和48年8月3日に
乗車しています。

※『長与廻り』『現川廻り』の呼び方には、「旧線」「新線」であったり、
「長与経由」「「市布経由」など色々在るようですが、ここでは私なりの
表現をさせていただきます。
まあ、どこを通る列車かは何れにしても特定できるはずです。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2011年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!