2011年05月29日 18時46分

長崎への道(3)247D「長崎駅」到着。

私の乗車してきた247Dは、定刻から3分ほど遅れ、
18:06頃に「長崎駅」に到着しました。

右側のキハ66系の「シーサイドライナー」色の車両が私が乗ってきた列車で、
お隣のホームにいた「シーサイドライナー」色のキハ200系との並びは、
新旧のお披露目の感もあって、思わずシャッターを押してしまいました。

『終着駅はかくあるべし』と思うのは、行き止まり式というか
“頭端式ホーム”ならではで、ならば“頭端式”ならどこの駅でも良いか
といえばそんなことはなく、やはり、それなりのホーム数(番線数)が
必要だったりします。もっとも私が最初にここに降り立ったときは
“頭端式”では無かった訳ですが、この改良は、昔を知る方には少々不満
(風情が無くなった。跨線橋も味があった等々)はあるかもしれませんが、
まあ今の風情は許せるのではないでしょうか?

ところで“頭端式”と言っても、多くのJR・私鉄の頭端式の駅の場合、
私の印象は『終着駅』ではなく『終点』です。
それゆえ、今回こんな書き方をしているのですが、そんな中、特に私鉄では南海電鉄の「難波駅」は私のとって『終着駅』の感があります。

それはさておき、この日(3月25日)、到着して直ぐに長崎駅前のホテルに
チェックイン。そして翌日に備え「電車一日乗車券」を購入しました。
何せ「電車一日乗車券」は電車内では購入できません。皆様もご注意下さい。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2011年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!