2011年05月29日 8時04分

長崎への道(2)景色を楽しむなら「長与廻り」!

諫早を出た247Dは、複線を快適に走り、喜々津で「現川」廻りと
分かれると早速、進行方向右側に大村湾の「海の景色」が見え始めます。

海が見えるのは「喜々津駅」から「大草駅」の少し先までの
10分程度ですが、目線が低いので水上を走っている気分です。
「千と千尋の神隠し」の“海原電鉄”みたいだというと誇大表現ですが、
ボーっとしながら窓外を眺める私は、気分的には半透明の乗客だったかもしれません。なんちゃってね・・・。
※参考までに「大草駅」近くでは洋上空港の長崎空港も望めます。

「大草駅」を過ぎると峠越えになり、山中に分け入っていきますが、
それを過ぎれば長崎の町を目掛けてひたすら下っていきます。
ところで私の勝手なイメージの世界では、この「長与」廻りは、思いっきり
“ローカル線”で、車内は乗客もまばらで、ボックスシートを
独り占めにして、『うつらうつらしながら鉄道の旅を楽しむ』というものでしたが、現実は違っていました。

乗車した時間帯にもよるのでしょうが、下校する高校生だけではなく、
一般の乗客も多く、特に「長与駅」は結構な町の雰囲気で、
多数の乗客が乗り込み、ここから「長崎駅」までは、2両編成のワンマン運転とは言え、ちょっとした通勤列車でした。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2011年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!