2011年05月30日 19時04分

長崎電軌(1)「長崎駅」の新旧比較。

『長崎電気軌道』(以下は「長崎電軌」と記載)を全線乗車したのは、
昭和55年5月24日でした。上段の「長崎駅」は全ての路線の乗車が終了した後で撮影したもので、時間は夕方の5時過ぎです。
この日、鳥栖発11:19の339Dで長崎に向った私は、長崎まで乗らず、
浦上(15:15着)で下車し、「浦上駅前」から「赤迫」までの乗車から『長崎電気軌道』乗りつぶしを始めたため、最後の最後にこの写真を撮影した次第です。

一方、下段の平成の長崎駅は3月26日午前9時頃、『長崎電軌』に再度乗車するに当たり撮影したものです。

国鉄からJRに変わっただけではなく、平成12年に現駅舎となり
昭和の面影は全く無くなり、すっかり様変わりしてしまった「長崎駅」ですが、
変わらないのは路面電車と歩道橋と言えます。

その現在の長崎駅は、JR九州のみならず、最近のJR各社にありがちな
ショッピングセンター併設型でその画一的な展開は正直、何とかならないものかと思わないでもありません。

ただ、駅にある「観光案内所」は当然かもしれませんが、丁寧な対応をしてくれましたし、ショッピングセンター「アミュプラザ長崎」で私が食事をした飲食店は、とりあえず地元の味がリーズナブルな値段で楽しめたということだけはフォローしておきましょう。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2011年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!