2011年08月17日 18時14分

東京の交通100年博(3)「myつりかわ展」が面白かった。

『東京の交通100年博』の一角で「myつりかわ展」が行われていました。
これは東京藝術大学と東京都交通局の産学連携プロジェクトの一環としての
イベントで、一般公募で1976点が全国から集まり、グランプリを含む
入賞7作品、入選29作品が実際にモックアップとして制作され、
この会場で展示されていました。

下段の写真はそのグランプリ作品で「袖口から出た手」が“つりかわ”となり、
このつり革を握る手が、まるで握手をしているかのように見えるのが
ポイントだそうです。 (神戸の会社員の方の作品です)

ところでこの「myつりかわ展」。展示会場に入った時はそれほどでも
無かったのですが、1点ずつ見ているうちに私はすっかり引き込まれ、
思いのほかこの会場にいてしまいました。
とにかく参加者の方たちのアイデアあふれる作品は、単にユニークな形状と
いうものもあれば、グランプリ作品のように作者のメッセージ(思い)を
感じるものもあったり様々で、『東京の交通100年博』だけではなく、
この「myつりかわ展」も一見の価値ありです。
(これが紹介したくて今回、このタイミングで『東京の交通100年博』を
UPすることにしました)

今回のグランプリ作品は、実際に車両に設置されるそうです。
個人的には是非、このつり革(都営交通100年の気持ちを込め)と
握手したいと思っています。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2011年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!