2011年10月07日 18時07分

リニア新幹線がいよいよ現実のものに。

JR東海のHPに「中央新幹線(東京都・名古屋市間)の環境影響評価方法書の
送付等について」というリリースが9月26日付けでありました。

また先週、名古屋市内の一部地域の『新聞』折り込みに、写真の「中央新幹線
(東京都・名古屋市間)環境影響評価方法書(愛知県)縦覧と説明会開催の
お知らせ」が入っていたそうです。
※写真では細かい字は読めない(携帯でご覧の方はそもそも何が書いてあるか
さっぱり)でしょうが、申し訳ありません。
雰囲気ということでご容赦を。

ところで環境影響評価とは、環境に影響を及ぼすおそれのある事業を
実施する者(事業者)が、その事業で環境に及ぼす影響について
事前に調査、予測、評価等を行い、その結果を公表する制度です。
手続きを通じて地域の方々や行政をご意見をいただき、環境の保全の観点から
より適正な配慮を行うことによって、事業と環境との調和を図っていきます。
というものです。
(この「お知らせ」の2ページから転載)

そして今回の「お知らせ」にある“方法書”とは
今後、環境への影響を調査・予測・評価をする項目や、調査・予測の
手法などを記載したものです。

と、前置きが長くなりましたが、この「お知らせ」はようするに
その“方法書”の説明会を、沿線となる可能性が高い地域の住民の方などを
対象にJR東海が今週開催するというものでした。

まだまだ遠い先の事と思っていた「リニア新幹線」が一気に現実の存在と
なってきました。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2011年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!