2011年10月24日 18時04分

小さな鉄道博物館(5)思いもかけぬ出会いも…。

館長から、「この列車を覚えていますか?」と聞かれ、
「あれっ?『まりも』って根室まで行っていましたっけ?」等と私が
とぼけてことを言ってしまったのがこの方向幕です。

電気を点けてもらい(この言い方は古い?)、まじまじと眺めてしまいました。

『まりも』は元々「函館」~「釧路」間の夜行急行で、
その後「札幌」着発になり・・・と言った歴史はさておき、
根室行きの“夜行”特急『まりも』(釧路-根室間快速)の行先表示は
平成13年~17年の夏季だけ使用されたものです。
当然の事ながら、他の行先表示もこの方向幕には入っていますが、
やはりこの「根室」行きが一番のヒットでしょう。

「方向幕」の収集をしている方は結構多いと思いますが、
これは逸品中の逸品と言えるでしょう。
もっとも「収集家」の手に渡れば、それが公開されることは殆ど無く、
その後、人知れず埋もれてしまうのでしょうが、こうして来館者の目に
触れる場所にあるこの方向幕は、きっと本望(幸せ?)でしょう。

そう言えば・・・ということでもないのですが、夜行特急『まりも』の
「釧路」~「根室」の“快速”区間ですが、平成14年8月の時刻表で
確認したところ、“快速”としての列車名も『まりも』で、
夏季以外の『まりも』との接続列車である下り『はなさき』、
上り『ノサップ』の名前が使われていなかったことに今更ながら驚きました。

もう一丁情報を足せば、昭和42年8月号の時刻表では夜行急行
『まりも』(札幌~釧路)には、下り急行『ノサップ1号』、
上り急行『ノサップ2号』の接続となっており、また根室本線全線を走破する
急行『阿寒』(札幌~根室)もあり、隔世の感です。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2011年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!