2013年05月05日 21時25分

2013年2月の台湾(15)渓湖糖廠五分車の機関車たち。

「渓湖糖廠五分車」の“現役”蒸気機関車『346号』。1948年のベルギー「TUBIZE」工場で製造されたもので、標準軌のおよそ半分となる762ミリゲージの車両です。

生まれた1948年は昭和23年。C62形蒸気機関車と同い年というと何となくどんな時代の蒸気機関車かの見当がつきますでしょうか?

ところでこの『五分車』の由来ですが、今回こうして「半分のことを五分」と書いていて、確率50%のことを「フィフティーフィフティー」とはいうものの、最近は「五分五分」とはあまり使っていないことに気付きました。この辺りで「五分車」という名前がピンと来るかどうかの分かれ目のような気がしました。

私自身、説明を読んで「成程」と思ったからここに書いています。

この『346号』ですが1977年(昭和52年)ですから、何と私が会社に入った年にその歴史にいったん幕を下ろし、2007年(平成19年)に復活を遂げました。

「蒸気機関車という贅沢は言いません。せめてディーゼル機関車に牽かれたかった」と言ってもこの日は微動だにしない五分車です。

「837号」は1967年(昭和42年)の日立製で、何となく日本の専用線の入れ替え用といった感じもします。

今回の記事は2011年「産業文化遺産 再生計画 渓湖製糖工場」という冊子(日本語版)を参照して書いています。

それによればこの可愛い客車は、製糖工場でサトウキビ運搬用に使われていた台車を改造したもののようで、それだけでも乗る気満々にさせてくれます。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2013年5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!