2013年10月12日 20時46分

東日本大震災からの復興と風化(11)カレーライス。

一昨日の女川の俯瞰写真は、女川町地域医療センターがある高台から撮影しました。

そこにあったカフェと言えば良いのかな?何となくノンジャンルのお店「おちゃっこクラブ」。ここにはスパゲティーやカレーといった軽食があり、この日(9月28日)の昼食は、女川町観光協会が作った「女川ガイド」(女川は新しく生まれ変わる)を読みながらカレーライスを食べました。

女川での滞在時間は10:47着で12:10に代行バスが発車するまでの僅か1時間半ほどでしたが、目的の3つの建物は見ることが出来ました。

ただ現時点の代行バスの終点は、女川町役場の仮設庁舎のある高台の場所で、JR「女川」駅のあった場所までは歩いて10分ほどかかります。代行バスで来て女川を歩く人はあまりいないと思われ、歩行者向けの案内表示はあまりありません。行かれる場合は事前に情報を仕入れておくことをお勧めします。

女川からバスに乗り、浦宿へ。「がんばろう!女川」の看板を見つつこの地を去ることになりました。

(私の乗る列車が駅に着こうとしています)

女川~浦宿間の代行バスの所要時間は10分。12:20に到着し、12:27発の石巻線小牛田行きの乗客となりました。

内海である万石浦は穏やかに輝いていました。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2013年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!