2013年10月18日 20時16分

東日本大震災からの復興と風化(17)仙台駅から常磐線浜吉田駅を目指す。

仙石線「仙台」駅に15:09に到着。地下ホームから地平を越え、2階通路を突っ切り中央口を出てコインロッカーにまっしぐら。3泊分の荷物を持って代行バスに乗ったり女川の街を歩くのは大変だろうと考え、荷物は当然コインロッカーです。この選択は自分でいうのも何ですが良かったと思っています。

15:19発の常磐線「浜吉田」行き250Mにはぎりぎりで間に合いました。実の所、仙石線から常磐線への乗り換えは10分もあればOKですが、改札を出て…となればそうはいかず、ほぼ1時間後の16:13発の電車でもしょうがないと半ば諦めてはいました。

常磐線は今も2つの不通区間があります。東京寄りの「広野」~「原ノ町」間とここ仙台寄りの「浜吉田」~「相馬」間です。

「浜吉田」には15:58の到着。駅名標にはやはり隣の駅の「山下」の名はありませんでした。

北隣(仙台寄り)の「亘理」(わたり)から「浜吉田」まで1駅の復旧は今年の3月。こうして電車が発着するまでに震災から年の歳月が必要でした。

9月28日(土)、花が咲く線路。

「浜吉田」から南に向かう線路に列車が走ることはこれからもありません

常磐線の復旧にあたり、JR東日本ではここから「新地」駅近くまで線路を山側に移設する計画で、「浜吉田」を出てすぐ右にカーブしていくことになっており、来年(2014年)春の着工を目指しています。合言葉は「この先へ!→」。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2013年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!