2015年09月09日 20時18分

欧州・国際列車の旅/チェコ・リベレツに向かう(3)一瞬、ポーランド。

10:46頃、ドイツ側の国境の駅ツィッタウを出発。

2015_04_20ドレスデンまとめ_58

ナローの蒸気鉄道/ツィッタウ狭軌鉄道(Zittauer Schmalspurbahn)のツィッタウ駅を進行方向右側に眺めます。私が乗れなかった蒸気機関車牽引の列車が出発待ちをしていました。

2015_04_20ドレスデンまとめ_61

チェコに向かう列車ですが、その前にポーランドに入ります。多分、この川が国境?

2015_04_20ドレスデンまとめ_63

ポーランド国内は通過するだけで『駅』はありません。

だからかどうかは分かりませんが線路状況は良いとは言えず、一見廃止された路線が如くで最高時速も30キロ前後。ここまでの落差は、それはそれで日本からの旅行者には楽しめますが、地元の利用者にとってはきっと今一つでしょう。

2015_04_20ドレスデンまとめ_67

これも確信はありませんが、多分ポーランドとチェコの国境の川。私の『国境』という概念がガラガラと崩れていきます。

余談ですが、同行の都市交通研究家服部重敬氏が地図を見ていてドレスデン~ツィッタウ間でも短い距離ですがポーランド領内を通っていることに気付きました。

この辺りは3つの国の国境が入り組んでおり、鉄道も各国に出入りしており、歴史に詳しい方がいれば、何故この国境線が現時点で確定されているのかが分かったと思いますが、私にそこまでの知識と探究心は無く、正に「残念」な状況です。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2015年9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!