2015年11月26日 20時14分

サハリン(樺太)鉄道旅(46)ダブルレインボーとの出会い、我らの願いは叶った。

折角604レの出発時間に間に合ったのでそのシーンは撮影せねばここまで来た甲斐がありません。

2015_09_02~08 サハリン紀行_705

撮影ポイントを探しつつ振り向けばそこには虹が!

2015_09_02~08 サハリン紀行_700

しかもよく見たらダブルレインボー。滅多に見られないことから「願いが叶う」とまで言われています。ドクターイエローの比では無いと言ったら大袈裟でしょうか?いやいやそんなことはありません。

一体どこまでツキが続くのか信じられないこのサハリン(樺太)鉄道旅。同行の方達は、私が稚内に着くまでに全ての不運を背負って厄落としをしてきてくれたから、今回の旅は「ラッキー」以外のことは起きない!とまで言って慰めてくれていましたが、それにしてもこんな巡り合わせの旅はこれまでしたことがありません。

ただ奇跡の連続もここまで重なると正直怖い位でした。「人生山あり谷あり」とはいうもののたまにこんな素敵なことがあるからまた旅に出たくなるというものです。

無駄話が長くなりました。言いたかったのはダブルレインボーが私達の願いを叶えてくれたということ。2本の虹に感謝。

2015_09_02~08 サハリン紀行_706

話しは変わって駅の横に停まっていたトラック。釧路からやって来たらしい。日本にいた時さながらの状態で全く違和感がありません。(撮影順に書いています。唐突ですいません)

2015_09_02~08 サハリン紀行_715

さて16:44。604レの出発です。ユジノサハリンスクに着くのは翌朝の6:17。

2015_09_02~08 サハリン紀行_717

サハリンの鉄道は本当に定時運行。私達も定時に動いています。

2015_09_02~08 サハリン紀行_719

ポイントをクネクネと渡っていく後ろ姿はやはり客車が似合います。日本ではもう数えるほどしかありません。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2015年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!