2016年01月26日 20時40分

私的昭和の鉄道/関東(6)こどもの国線と都電。

秩父鉄道~東武熊谷線のお次(昭和55年7月14日)はこども国協会こどもの国線/長津田~こどもの国間を乗車。当時も東急の支線のようでしたというより、そのものだったのですが、今は名実ともに東急こどもの国線となっています。

1980_07_14こどもの国

長津田を8:44に出てこども国に8:49到着。当時は5分の乗車で、今は通勤路線化されて途中駅もあり6~7分の乗車になっていますが、変われば変わるものです。

1980頃の都電

こちらは1980年頃の都電。「頃」としたのには理由があります。単純に撮影日の記録が残っていないからですが、「乗り」に行っていれば当然、記録があるはずなのですが、どうやらそうでは無さそうです。でも東京出張のついでとも思えず「謎」です。

1980頃の都電2

ということでこの時は「乗り」ではなく「撮り」に出かけているようですが、それにしてもしょぼいものしか無く、まあ時代のスケッチということでUPしてみた次第です。。

1980頃の都電3

サンシャインシティを背景に一枚。

1980頃の都電4

場所が全く不明。

1980頃の都電5

これは間違いなく大塚駅。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2016年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!