2016年06月06日 20時17分

台湾鉄旅/苗栗鐡道文物館(1)普悠瑪(ぷゆま)号に乗る!

2013年、台湾鉄道に颯爽とデビューした普悠瑪(ぷゆま)号。現在19編成あり、その全てが日本車輌で作られ、東海道線を甲種輸送されて名古屋港から積み出されました。

2016_03_24-1 苗栗鐡道文物館_1

この写真は昨年の12月17日に笠寺駅で撮影したもので、名古屋臨海鉄道の機関車が不調のためこの駅で抑止されていました。なおこの写真の撮影時に、私の周りには台湾からこの甲種輸送を撮影に来た方が多く見られ、台湾における鉄道趣味がどれほどのものかを知ることになりました。そしてこの編成に乗れるかどうかは別にして、普悠瑪(ぷゆま)号に乗りたくてわざわざ3月23日(水)の宿を斗六にしたのです。で、その前に…。

2016_03_24-1 苗栗鐡道文物館_2

ホテルの朝食券。ホテルは雑居ビルの中にあり、パッと見レストランは無いと思ったのですが、やはりその通り。

2016_03_24-1 苗栗鐡道文物館_3

何とファストフード店で朝食。朝食券は決まったメニューをオーダーするものではなく、一定の金額の金券方式。上限を超えて注文する場合は、その分は自己負担。台湾通の方に聞いたら、コンビニでおにぎりに交換とかいろいろあるようで、最初は驚いたがその内に慣れてきたとこのことでした。

2016_03_24-1 苗栗鐡道文物館_5

さて普悠瑪号花蓮行き、斗六7:05発。普悠瑪号は車体傾斜装置がついており、その運用のメインはカーブの多い台北と東海岸を結ぶ東部幹線。ただ一部の列車は西部幹線(縦貫線)にも入っており、3月24日時点で、ここ斗六駅が西部幹線の駅では普悠瑪号が走る一番南。つまりこの駅から南側(高雄方面)では乗ることは出来ませんでした。

ただ2016年4月21日のダイヤ改正で台北/松山駅~高雄駅~潮州駅間を結び、台北~高雄間を3時間30分台で走る列車が1往復設定されたので、斗六駅は、普悠瑪(ぷゆま)号の栄えある起点駅では無くなっています。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2016年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!