2016年06月09日 20時32分

台湾鉄旅/苗栗鐡道文物館(4)気になった車両たち。

今日は展示されていた車両の中からお気に入りを抜粋。

2016_03_24-1 苗栗鐡道文物館_37

CT152。

日本でいう8620形。

2016_03_24-1 苗栗鐡道文物館_48

DT561。

1920年(大正9年)のアメリカ製。スタイルがとってもアメリカンなのですが、大正時代にアメリカ製の1067ミリゲージを輸入したということでしょうか?

2016_03_24-1 苗栗鐡道文物館_61

R6。1960年(昭和35年)の日立製。アメリカの機関車かと思ったら日本製でビックリ。思い込みはいけませんね、

2016_03_24-1 苗栗鐡道文物館_105

製糖鉄道(台糖公司虎尾糖廠)の線路巡回&公務車。こんな車両に乗って台湾の風に吹かれてみたい。

2016_03_24-1 苗栗鐡道文物館_90

同じ762ミリゲージのナローでも大きさが違う。こちらは台湾東部の幹線/台東線が現在の1067ミリゲージに改軌される前に活躍していた機関車。愛嬌のある表情がGOOD。台湾鉄道の工場で作られた貴重な車両だそうです。

ここでの見学時間ですが、さっと見るだけなら30分。ノンビリ回って1時間ほどでしょうか。私は40分ほどここにいました。

なかなかここに足を運ぶ機会は無いかもしれませんが、2~3回目の台湾鉄旅ならお勧めです。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2016年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!