2016年12月18日 15時09分

簡易軌道バス見学会(4)《浜中編》西円農協支所前・上風蓮。

2016_11_06 簡易軌道バス見学会_57

道道807号線、円朱別原野茶内線。道路の名前に“原野”がついているのはやはり北海道だからでしょう。

2016_11_06 簡易軌道バス見学会_61

バスの車窓には牧場。牛達がゆく秋を惜しんでいるかのようでした。って、そんなはずはないか?

2016_11_06 簡易軌道バス見学会_65

ここも駅の跡。西円農協支所前。私はバス見学会で説明を聞きながら回っているのでこの風景の一つ一つに「成程」「そうだったんだ」とか楽しい時間を過ごしていましたが、これを全く知識のない方に説明をするのは至難の業だと思いつつこの原稿を書いています。

2016_11_06 簡易軌道バス見学会_71

浜中町営軌道の「上風蓮」駅跡。上風蓮駅は浜中町営軌道と別海村営軌道の両方に同名の駅があり、実はどちらも別海村(現・別海町)内で、浜中町営軌道の路線は行政区域を超えて敷設されました。

補足すると地元では浜中町営軌道は「上風蓮(開南)」と言う呼び方で区分されており、この2つの簡易軌道が現役時代に、その両駅を歩いた鉄道マニアがいたとのことですが、両駅間は今の道路事情で7~8キロはあるはずで、まあ何ともご苦労なことです。

上風蓮1

©Google

とはいうものの地図で示さないと分からないでしょうが、浜中町営軌道「上風蓮(開南)」駅の場所は陸上自衛隊別海駐屯地矢臼別演習場の東南にある道道928号と813号の交差点辺りで、別海村営軌道「上風蓮」駅は現在の別海町上風連地域センターの場所です。興味のある方は調べて見て下さい。

余談ですが名鉄の「春日井」駅とJRの「春日井」駅も同名ながら離れていることで知られていますが、その比ではないですね。

2016_11_06 簡易軌道バス見学会_72

原野に戻っている線路跡。でも何となく分かります。ただ案内役の地元の方がいるのでここまで足を踏み入れていますが、そうでなければ…。

2016_11_06 簡易軌道バス見学会_81

駅舎の跡はよくよく説明を聞けば時の流れを感じることは出来ますが、そうでなければ…。

ここのところ私は廃線跡巡りを時折していますが、今回も感じたのは事前にその鉄道(路線)をある程度は調べておいた方が楽しめるということ。といっても私の場合はせいぜいネットでさらっと検索する程度。偉そうなこと言えません。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2016年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!