2016年12月21日 20時25分

簡易軌道バス見学会(7)《別海編》奥行臼。

旧別海村営軌道風蓮線奥行臼停留所。

2016_11_06 簡易軌道バス見学会_114

別海町の指定文化財です。「停留所」。簡易軌道の「駅」は「停留所」の方が似合っていそうです。

2016_11_06 簡易軌道バス見学会_116

まずは線路と施設の配置図。国鉄標津線/奥行臼駅前まで線路が延びていますが、私たちがまず見学したのは左側のターンテーブルのある場所。

2016_11_06 簡易軌道バス見学会_140

当時の自走客車と機関車、そしてミルクを運んだ貨車が保存されています。

自走客車という呼び方は道東の簡易軌道ならではでしょうか?一般的には気動車でしょう。

2016_11_06 簡易軌道バス見学会_118

ターンテーブルが残っているとは思ってはいませんでした。これも貴重な遺産です。

2016_11_06 簡易軌道バス見学会_123

機関車はKATO WORKS。やっぱり良いですね。

2016_11_06 簡易軌道バス見学会_125

KATOとSAKAIがあればつまみなしでもお酒が呑める人はきっといるはず。広がりゆくナローの世界。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2016年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!